開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2008/05/01

過去3年間の情報漏えい件数、1位はDNP、2位は日産自動車、3位はKDDI--サイボウズMT調べ

サイボウズ・メディアアンドテクノロジーは30日、過去3年間に発生した、主な個人情報漏えい事故を総括する「日本情報漏えい年鑑2008」を発行した。

 サイボウズ・メディアアンドテクノロジーは30日、2005年から2007年までの過去3年間に発生した、主な個人情報漏えい事故を総括する「日本情報漏えい年鑑2008」を発行した。

 この集計によれば、過去3年間に発生した主な個人情報漏えい事故のうち、組織内部からが全体の7割を占め、外部からの攻撃あるいは原因による漏えい事故の2割を大きく上回った。さらに漏えい元になった組織は、70%が民間企業(309件)、20%が官公庁(88件)。Winnyをはじめとするファイル共有ソフトが関与する情報漏えいは130件で全体の3割を占めた。

 一方、2005年から2007年の間に発生した個人情報漏えい事故の、漏えい人数によるランキングでは、1位が2007年3月に発生した大日本印刷の863万名、2位が2006年12月に発生した日産自動車の537万名、3位が2006年6月に発生したKDDIの399万名となった。上位10社は以下のとおり。

順位日付企業名情報漏えい人数
107/3/13大日本印刷8,637,405名
206/12/22日産自動車最大5,379,909名
306/6/14KDDI3,996,789名
406/6/30朝日航洋約900,000名
505/9/21東京国税局約470,000名
606/3/16西日本旅客鉄道436,967名
705/10/24エヌ・ティ・ティ・ドコモ約320,000名
806/6/27NHN Japan297,805名
906/10/31高知医療センター約260,000名
1007/9/18徳島大学病院約230,000名

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!