開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/01/27

NRIセキュアテクノロジーズ、情報資産の識別・整理ソフト「SecureCube/Labeling」が他社製品と連携

NRIセキュアテクノロジーズは、情報資産の識別・整理ソフトウェア「SecureCube/Labeling」と、他社製セキュリティソリューションとの連携を開始した。

 NRIセキュアテクノロジーズは、情報資産の識別・整理ソフトウェア「SecureCube/Labeling」と、他社が提供するセキュリティソリューションとの連携開始を発表した。

 「SecureCube/Labeling」は、電子ファイル情報資産を重要度別に識別・整理するソフトウェア。クライアントPC側で情報資産を識別・整理する「SecureCube/Labeling Personal」と、サーバ側で情報資産の利用状況を収集・統合して管理する「SecureCube/Labeling Enterprise」の2種類が用意されている。

 今回、「SecureCube/Labeling Personal」が他社の情報漏えい対策ソリューション、メールソリューションと連携を開始した。連携可能な情報漏えい対策ソリューションには、シマンテックの「Symantec Data Loss Prevention」、図研ネットウエイブの「Websense Data Security Suite」、トレンドマイクロの「Trend Micro LeakProof」、 日本アイ・ビー・エムの「Fidelis Security Systemsアプライアンス」、マカフィーの「McAfee Host Data Loss Prevention」、メールソリューションには、HDEの「HDE Mail Filter」、キヤノンITソリューションズの「GUARDIANWALL/WEBGUARDIAN」、CSK Winテクノロジの「PlayBackMail」がある。

IT資産管理・ソフトウェア資産管理 ジャンルのセミナー

IT資産管理・ソフトウェア資産管理 ジャンルのトピックス

IT資産管理・ソフトウェア資産管理 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!