開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2010/03/02

「伝統的なOSの2つの役割は、クラウドに置き換えられていく」米VMware CEO ポール・マリッツ氏

IBMがオフコンで、インテルとマイクロソフトがPCで、そしてWebでアマゾンとグーグルがリーダーであったが、クラウドの世界は依然混沌としており、明確な業界図を引きづらい状況だ。とはいえ、「クラウドでも新しいリーダーが生まれる可能性がある」「VMwareはその中でクラウドでリーダーでありたい」と野心的な見解を示したのが、米VMware CEO ポール・マリッツ(Paul Maritz)氏だ。SpringSourceの買収やZimbraの買収など、積極的に事業を拡大する同社の事業戦略について、マリッツ氏による記者説明会が実施された。

photo
米VMware CEO ポール・マリッツ(Paul Maritz)氏

 ヴイエムウェアは2日、米VMware CEO ポール・マリッツ(Paul Maritz)氏の来日に合わせて記者向けの説明会を実施した。

 仮想化ソフトウェアのリーダーとしての地位を築きつつあるVMwareだが、仮想化市場の拡大、クラウド市場の拡大にともない、不景気の中でもビジネスは順調なようだ。先般発表された2009年度の総売上は2008年比で8%増、フリーキャッシュフローは23%増加。本日時点で2万1,000社以上のチャネルパートナー、3万5,000名のVMware認定技術者、100社以上のvCloudサービスパートナーとサービスを展開しているという。

 そうした中、マリッツ氏が強調したのは、「クラウドでリーダーでありたい」ということ。IBMがオフコンで、インテルとマイクロソフトがPCで、そしてWebでアマゾンとグーグルがリーダーであったが、「クラウドの世界で新しいリーダーが生まれる可能性がある」と指摘。その中でVMwareが新しいリーダーになる、と野心的な見解を示した。

 マリッツ氏の定義するクラウドとは、オンデマンドで自動管理された、サービスとして提供される仮想インフラの効率的なリソースプールを活用するコンピューティングアプローチのこと。

photo
図2 プライベートクラウドとパブリッククラウドを両輪とした「ハイブリッドクラウド」

 ファイアウォール内の一企業で運用されている「プライベートクラウド」と、インターネットを通じてクラウドサービスプロバイダから提供される「パブリッククラウド」、これを相互運用できる「ハイブリッド クラウド」として展開することが必要で、VMwareは双方を連携した形で提供できるとした。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

仮想化ソフトウェア ジャンルのセミナー

仮想化ソフトウェア ジャンルのトピックス

仮想化ソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!