開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/04/21

日本ユニシス、東名高速で電気自動車向け充電インフラの課金・決済サービス提供へ

日本ユニシスは、NEXCO中日本と高速道路関連社会貢献協議会が今月28日から開始する東名高速の「電気自動車用急速充電システム」への課金・決済サービスの提供を開始すると発表した。同システムの利用者への課金・決算運用サービスは日本で初となる。

 日本ユニシスは、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)向け充電インフラシステムサービス「smart oasis」を開発し、実証実験への提供を行っている。

 今回の東名高速における「電気自動車用休息充電システム」は、海老名サービスエリアと上郷サービスの上下線の計4箇所で運用される。同システムは、充電サービスの利用に対し課金、決済を行う日本で初の有料サービスとなる。利用者は事前に専用の申込用紙かWeb経由で登録が必要。登録後、専用の利用者カードによって充電器の利用が可能になる。利用料はクレジットカードから引き落とされる。

 また、同システムの急速充電器には通信機能を内蔵。充電器の使用開始時や終了時のデータや定期的なデータ通信を日本ユニシスのデータセンターの管理システム(smart oasis)との間で行う。利用者に充電器の満空情報の提供や、遠隔操作により充電器をメンテナンスする。さらに、同システムは、コールセンターにより24時間365日サポートされている。

新エネルギー ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!