• 会員限定
  • 2010/06/21 掲載

創業2年で売り上げ3.5億ドルへと急成長した企業Grouponの秘密【○○はビジネスになるか(11)】

記事をお気に入りリストに登録することができます。
この連載では、これからブレイクしそうなビジネスを探ってきた。だが紹介しようと考えているうちに、みるみる成長していったケースもある。今回取り上げる「Groupon」がその例である。創業から1年足らずで黒字化、2年にならないうちに推定収益3.5億ドル(約321億円)になり、その評価額は13億5000万ドル(約1,240億円)と査定されるに至った。「ソーシャルコマース」「ソーシャルショッピング」と呼ばれる分野の代表で、驚異的な急成長を見せている同社がなぜ成功したのかをご紹介しよう。

行宮翔太

行宮翔太

ローカルTV記者、全国紙記者を経て、ITやビジネス分野のライティングを手がける。NTTPCコミュニケーションズ運営時のCNET、(株)ガリレオの「Infostand」などで執筆。四半世紀以上前に数年間住んだインドが“IT先進国”になったことを、どうしても信じられない。

ディスカウントチケットの共同購入

画像
画面1 Grouponのサイトにアクセスしたところ。場所とメールアドレスのみ指定する。
 「共同購入」と聞くと、何を思い浮かべるだろう。古くは、生協の食料品や生活用品の共同購入がある。また、ネット時代になってからは、楽天市場やYahoo!のようなECサイトの共同購入サービスがある。同じ商品を購入する人が増えるほど、価格が下がってコンシューマには割安になるというものだ。

 今回ご紹介するGroupon(http://www.groupon.com/)は、この共同購入に新しいアイデアを取り込んだサービスだ。Grouponは、「グループ」と「クーポン」の造語だ。その名の通り、サービスや商品の格安ディスカウトクーポンをグループで買えるネットショップである。サイト内は、都市単位に分かれており、毎日、それぞれ1点ずつ新しいクーポンが売りに出される。クーポンを出した店のプロフィールと、ユーザーレビューが載っており、興味を持った人向けの掲示版も用意されている。

 これらのクーポンは2日程度の期間限定で、それぞれの店が設定した数の購入希望者が集まった段階で、初めて売買が成立する仕組みだ。もし、希望者が期間内に設定数に達しなかったら、不成立となる。内容は、レストランの食事券、フィットネスの利用券、ゴルフのラウンド券、ハウスクリーニング券、そして日用品、家庭用品などなどさまざまだが、その地域の施設や店で使うものがそろっているのがミソだ。

 たとえば、ニューヨークで、ある日、27ドルの遊覧船ツアー券が、52%引きの13ドルで売りに出されて、最低設定数200人に対し7503人が購入した。計算すると売り上げは9万7539ドルとなる。また別の日に、ナッシュビルでは、100ドル分の家具を25ドルで売るホームストアのクーポンに937人が応募した。設定は20人だったので、必要数はクリア。売り上げは2万3425ドルとなる。

ネットユーザー、店、Grouponの“三方得”

画像
画面2 Grouponのサイトにログインした画面。該当場所のディスカウント情報がシンプルに紹介されている。
 クーポンを購入した人は、所定の金額をクレジットカードで決済する。すると、Grouponからメールが送られてくる。メールには、使い方や購入証明を兼ねたクーポンのURLが入っており、買った人はこれをプリントアウトして店に持ってゆく。こうして、品物やサービスが格安で買える。

 Grouponの統計によると、6月10日現在、600万枚近いクーポンが売れ、ユーザーにとっては、計約2億4000万ドルの節約になったという。店側にとっては、効果的な販促となる。Grouponの調査によると、過去に出品したビジネスパートナーの95%が「また使いたい」と回答しているという。

 ユニークユーザー数は昨年8月に100万に達し、今年3月に300万を突破した。ビジネスはすでに約1年前に黒字化し、IT系メディアのTechCrunchでは同社が年間で3.5億ドルも売り上げていると報じている。さらに最近、第4ラウンドの資金調達で1億3000万ドルの資金を獲得。企業評価額は13億5000万ドルにのぼる。

 こうした爆発的な成功の背景には、WalmartやAmazonなどの大手に対抗して、創業者でCEOのアンドリュー・メイソン氏がとったユニークな戦略があった。

【次ページ】新タイプのサービスの構築

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます