開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2010/10/21

圧縮・解凍ソフトの脆弱性をめぐる深層

先週の気になるセキュリティ情報をピックアップ!

10月15日、IPAなどによって、定番の圧縮・解凍フリーソフト「Lhaplus」に関する脆弱性情報が公開された。圧縮ファイルを展開する際に実行されるプログラムの検索パスに不備があり、悪意のあるファイルを起動してしまう可能性があるというものだ。この脆弱性がどういうものなのか、対策状況などを整理するとともに、ウイルス対策ソフトの圧縮ファイルの扱いについても取り上げてみたい。

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター、エディター。アスキーの書籍編集から、オライリー・ジャパンを経て、翻訳や執筆、取材などを紙、Webを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは言わなかったが)はUUCPのころから使っている。

Lhaplusの脆弱性

 10月15日、「Lhaplus」に関する脆弱性情報(JVNDB-2010-000039)が公開された。Lhaplusは、(LZH形式を含む)さまざまな圧縮フォーマットのファイルに対応した、圧縮・展開の定番フリーソフトである。

 Lhaplusは、多数のフォーマットの圧縮ファイルを展開するため、対応するフォーマットによってさまざまなプログラムをしかるべきフォルダ(ライブラリなど)にインストールしており、Lhaplusからの指令で適切なプログラムが起動される。

 プログラムの起動はファイル名によって指定されるが、一般的なOSは、起動するプログラムを検索するフォルダについて、一定のルールを持っている。その名前のプログラムが存在するかどうかを決められたフォルダ順に検索していき、最初に見つかったプログラムを実行するというわけである。同じ名前のプログラムが検索パス上に複数存在していても、実際に起動されるプログラムは、パス上で最初に見つかったものになる。

 以上のような前提のもと、このルールを悪用して、悪意のあるプログラム(マルウェア)を起動する、というのが今回の脆弱性の骨子である。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

セキュリティ総論 ジャンルのセミナー

セキュリティ総論 ジャンルのトピックス

セキュリティ総論 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!