開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/10/21

伊藤忠商事と米GE、米国オクラホマ州の風力発電事業「キーナン2」に共同出資

伊藤忠商事と米GEは21日、米国オクラホマ州で建設中の「CPV Keenan II風力発電事業(以下、キーナン2)」に共同出資すると発表した。

photo
 伊藤忠商事は、キーナン2のために設立した子会社「Tyr Keenan II,LLC」経由で、GE子会社のGEエナジー・フィナンシャル・サービスに出資し、同風力発電事業の権益の一部を受ける。GEエナジー・フィナンシャル・サービスは、今年の2月にキーナン2の権益を取得していた。プロジェクト総コストは約3億1,900万ドル(約258億円)にのぼる。

 伊藤忠とGEは今年5月に風力発電をはじめとする再生可能エネルギー分野の開発で共同投資案件発掘に関するる包括提携を結んでおり、今回の出資はその第一弾。

 キーナン2は、米国オクラホマ州ウッドワードの南にある風力発電所で、総発電容量152メガワット(2.3メガワット/機の風力発電機66機)を誇る。オクラホマ州の約4万5000世帯に電力供給を行い、年間約41万3000トンの温室効果ガス削減を見込んでいるという。キーナン2はオクラホマ州の電力会社オクラホマ ガス&エレクトリックカンパニーとの間に20年間の売電契約を締結している。発電所の運転・保守は伊藤忠商事の100%子会社のNAES Corporationが行う。

お勧め記事

新エネルギー ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!