• 会員限定
  • 2010/12/10 掲載

IBMやMS、オラクルに今後買収される企業はどこか?:大手IT系企業買収のまとめ(後編)

記事をお気に入りリストに登録することができます。
前編では、現在の米IT企業の買収状況を振り返り、クラウドとモバイル・ソーシャル分野がメインテーマになりつつあることを指摘しました。これを踏まえて後編では、今後どのようなM&Aが起きるのかをみていきましょう。買収を「実施する側」として想定する企業は、IBM、マイクロソフト、オラクル、HPといった大手ベンダーです。これらの企業のキャッシュフローの推移をみるとともに、市場関係者やアナリストの噂、筆者の予測も交えながら、今後の動向を占っていきます。

※本稿は筆者による予測、あるいは不確実な情報をもとにした憶測などが含まれています。筆者ならびに弊社は、本稿による損害賠償責任、その他一切の責任を負いません。自己責任の上、十分に注意してご覧ください。

キャッシュフローに優れるマイクロソフトとIBM

 まず、どのような企業が今後M&Aを活発に行うかという問題ですが、その手がかりとなるのが図表1に示す主要IT企業の営業キャッシュフローの推移です。営業キャッシュフローとは、純利益に減価償却費を足し戻した数値であり、企業が1年に本業で稼いた現金の純収入です。もちろん、営業キャッシュフローのすべてをM&Aに利用できるわけではありませんが、営業キャッシュフローが多ければ多いほど、企業買収のための資金を確保しやすくなります。

photo
(出所:会社資料、マイクロソフトは6月期決算、オラクルは5月期決算、シスコは7月期決算)

図表1 主要IT7社 営業キャッシュフロー推移(単位:百万ドル)

 図をご覧いただくとわかるとおり、この営業キャッシュフローで突出しているのが、マイクロソフト(同10年6月期240億ドル=約1.9兆円)とIBM(09年12月期営業キャッシュフロー207億ドル=約1.7兆円)です。

 まず、マイクロソフトからみていきましょう。言うまでもなく同社の事業の柱は、WindowsおよびOfficeのライセンス販売です。クラウド化が進む中でも、企業のほとんどは依然としてクライアントのデスクトップ環境はWindowsとOfficeを組み合わせたものであり、目立った競合もいないことから、同社の生み出すキャッシュフローは最も高い水準となっています。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます