開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2011/03/23

関西流ベタベタIT商法の挑戦73~「牛のよだれ」で商売繁盛

合同会社 関西商魂 代表 中森勇人

豊臣秀吉の時代は城下町として栄え、大阪経済の中枢を担ってきた本町・船場。長年、繊維の街として反映してきたが、時代の変遷でかつての活気は失われつつある。そんな船場で長年、のれんを守ってきた繁盛店がある。大阪市中央区の「海鮮割烹とよしま」が船場で店を構えたのは今から27年前のこと。代表の豊島仁さん(60)は当時、関西を中心として店舗展開をする居酒屋チェーン店の料理責任者をしていた。

中森勇人

中森勇人

合同会社 関西商魂
代表

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

中堅中小企業 ジャンルのセミナー

中堅中小企業 ジャンルのトピックス

中堅中小企業 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!