開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/06/15

札幌しらかば台病院、富士通の診察待ち人数案内システム「呼びだし君」を本格稼働

札幌しらかば台病院と富士通は15日、カラー電子ペーパーを活用した診察待ち人数案内システム「呼びだし君」を共同で構築し、このたび本稼働をさせたと発表した。

photo
札幌しらかば台病院 電子カードホルダー
(画面はイメージ)
 特定医療法人 康和会 札幌しらかば台病院(以下、札幌しらかば台病院)と富士通は、カラー電子ペーパーを活用した診察待ち人数案内システム「呼びだし君」を共同で構築し、本稼働させた。

 同システムは、電子ペーパーを搭載した電子カードホルダー、富士通独自の無線通信を利用し、診察室や検査室などを案内する電子カルテシステムと連携させたもので、外来の患者様1人ひとりに対し、受付から診察時の呼出し、会計までの案内情報を、きめ細かに配信する。

 これにより、患者は待ち人数情報などをリアルタイムに把握することができ、病院内の無線通信エリア内であれば、自分の好きな場所で待ち時間を過ごすことができるようになる。特定の場所で待機することなく、待ち時間に対するストレスを和らげ、アメニティの向上にもつながるという。

お勧め記事

電子帳票・帳票出力 ジャンルのセミナー

電子帳票・帳票出力 ジャンルのトピックス

電子帳票・帳票出力 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!