開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2011/08/12

「受け取る力」──社会で果たすべき責任をDNAに組み込むビジネススクール

名古屋商科大学大学院 客員教授 宮森 千嘉子氏 

3月11日を国外で迎え、故郷のために何かできることを、との思いで立ち上がった日本人は多い。バルセロナにある世界有数のビジネススクール、ESADEの日本人学生グループもその1つだが、学生たちが驚いたのは、学校側の迅速なアクションだった。なぜESADEでは遠い異国の日本に真摯な「思い」を向け、すばやく行動できるのだろうか──?

宮森 千嘉子

宮森 千嘉子

名古屋商科大学大学院 マネジメント研究科 客員教授

企業と社会・人のコミュニケーションを軸に、エグゼクティブ&リーダーシップコミュニケーション、広報活動全般、インターナルコミュニケーションと社員エンゲージメント、ブランドイノベーション、CSR等に従事。

青山学院大学文学部、英国アシュリッジビジネススクール(EMBA)卒。

 サントリー広報部、PRコンサルティング業務を経て日本HPに入社、以後、日本及び英国にて広報、WEBマーケティングなどのプロジェクトマネジャー、日本HP広報部長を歴任。その後日本GEにてマネージング・ダイレクターとしてコーポレート・コミュニケーションを統括。
 コミュニケーション、ビジネスプレゼンテーション、リーダーシップなど、コミュニケーションに関わる分野での講師・講演多数。
 現在は欧州をベースに活動中。共著に「個を活かすダイバーシティ戦略」など。

東日本大震災直後から、自然に支援活動を展開した
ESADEの持つDNA

 3月11日を国外で迎え、自分の無力さに打ちひしがれると同時に、何かできることを、との思いで立ち上がった日本人は多い。スペインのバルセロナにある世界有数のビジネススクール、「ESADE」(Escuela Superior de Administración y Dirección de Empresas:企業経営幹部養成高等教育機関)の日本人学生グループも、3月12日に義援金と復興プランを募る支援プログラム、“ESADE Aid for Japan”を立ち上げた。

 学生たちが驚いたのは、学校側の迅速なアクションだった。学長から全教職員・全学生・卒業生向けた日本への支援メッセージ配信。3つのキャンパスで同時に開催された日本追悼イベント。同時にメディアへも積極的に働きかけ、地元カタルーニャの有力紙、スペイン全国ネットTVやラジオに“ESADE Aid for Japan”が紹介された。これらの動きと平行して、教職員・学生たちによる支援活動が、まるで水が流れるように自然に展開され、それが“ESADE Aid for Japan”に集約されていった。震災からわずか10日間の間に起こったことだった。

 なぜ、これほどの「思い」を日本に向け、すばやく行動に移せる人たちが、ESADEには集まっているのだろうか?

「それは、ESADEにはバリュー(価値観)があり、これが私たちの行動の規範になっているからです」

 ESADE MBAでディレクターを務めるオライヤ・ガルシア・ランチャ氏は語る。

この記事の続き>> 欧州トップランクのMBA、ESADEが持つ
             迅速な復興支援を可能にした価値観とは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのセミナー

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!