開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/09/28

自動車照明大手の市光工業、製品設計情報をCADデータとして転送するシステムに日立ソリューションズの「活文」採用

自動車照明大手の市光工業は、製品設計情報をCADデータとして転送するシステムに日立ソリューションズの「活文 デジ活ワイド」を採用した。兼松エレクトロニクス(以下、KEL)が導入支援を手がけた。

 「活文 デジ活ワイド」は、ギガバイトレベルの大容量データを高速に転送できる法人向けサービス。海外の新興国など通信インフラが未整備である地域でも、既存のインターネット回線を利用して大容量データをやり取りすることができる。

 市光工業は、KELの導入支援のもと、本システムを2011年4月から運用を開始。主に海外拠点とのやり取りに利用しているという。

 同社では、海外拠点や取引先などにデータ転送する際に、3次元のCADデータでは、一つの部品でも容量が100MByteを超えることもあり、かつそのデータの授受が1日に10回以上行われることもあったことから、1回のデータ転送に5時間程度かかっていた。今回新たに「活文 デジ活ワイド」を導入することで数分で完了するようになり、作業効率の向上、作業負荷の低減を実現したという。

お勧め記事

その他情報系 ジャンルのセミナー

その他情報系 ジャンルのトピックス

その他情報系 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!