• 2011/10/14 掲載

【砂田麻美監督インタビュー】サラリーマンの父の最期にカメラを向けたエンターテイメント・ドキュメンタリー『エンディングノート』(2/2)

映画『エンディングノート』監督 砂田麻美氏インタビュー

記事をお気に入りリストに登録することができます。

「人が死ぬ」ということに対して納得がいかなかった

――父と娘の話から切り離して映像を作りあげることは、監督自身の中でお父さんの死をとらえなおす作業でもあったんでしょうか。

 砂田氏■編集し終えてしばらく経ってから、それまで起きていたことに対して少し客観的に見られるようになり、自分が夢中になっていた作業は一体なんだったのかと考え始めました。

 そこで思い当たったのは、「人が死ぬ」ということについて、私は納得がいかなかったんだろうな、ということです。「人は死後、どうなるか分からない」というのが正直なところだと思います。みんな分からないままに生きていく。でも、私は分からないことに耐えられなくなっちゃったんです。それで映画を作った。完成して、明快な答えを見つけたということではないのだけれど、なんていうか「これでいいんだ」と感じました。「分からない」という状態を自然に受け入れられるようになった、というんでしょうか。そう思えるようになったのは、映像を通じて自分なりにある種の答えみたいなものを探したからだと思います。

photo
(C)2011「エンディングノート」製作委員会

――ガンをテーマにしたテレビ番組をお父さんがじっと見ているシーンで、「私は死ねるでしょうか。上手に死ねるでしょうか」というナレーションが入ります。その台詞を聞いて、胸を締めつけられる思いがしました。この問いには、不可解な「死」に対する人々の不安、恐れが的確に表れていると思います。砂田監督としては、この映画を通じて一番伝えたかったこととはなんでしょうか。

 砂田氏■人がこの世を去るところを見てしまった。見た以上、見たことに責任があるような気がしたんです。自分の経験をそのままにしておくのではなくて、何か形にして伝えたいという欲求が湧いてきました。人が死ぬと肉体はなくなるけれど、すべてがなくなったわけじゃない。まだここに何かある。これはなんだろうという不思議な感覚や、死の瞬間に見た光景を伝えたい、それ以上に共有したいと思いました。

 共有したい感覚が一番現れているのは、霊柩車が遠ざかっていくシーンです。あのとき、すごく不思議な感じがしました。車に乗って後ろを振り返ったら、弔問客の人がこっちを見て手を合わせている。私は生きているにもかかわらず、自分が父親の目になったような感じがしたんです、視線の位置的にも。まるで自分が死者として見送られているような。その不思議な感覚が、結局生きていることと死んでいくことの不思議さにつながっていく気がしました。その得体の知れない感覚を、映像の中に閉じ込めておきたかったんです。

――映画の公開に先駆け、小説『音のない花火』(ポプラ社)も発売されました。こちらは「私」という一人称で父の死が語られています。

 砂田氏■撮影しているとき、娘としての自分と、撮影者としての自分という、まったく別の2つの人格がありました。無理して切り替えているというよりは、どっちかが急に出てきたり、どっちかが下がったりということが日々自然に行われていたんです。でも、映像を編集しているときにはちょっとやりすぎかなと思うくらい、娘の視点をストイックに排除していきました。「娘が父親の死をどう考えていたのか」というのを一切描かなかった。そのせいか、ずっと喉の奥に何かが詰まっている違和感がありました。

 それで、今年に入って仕上げの最後の編集作業と並行して、フィクション ではありますが 小説も書き始めました。もしその頃に今のように取材が始まっていて、自分の思いを語る機会があったら、小説という形で補完したいとは思わなかったかもしれません。本では、傍観者や取材者のスタンスは一切なく、娘としての自分の視点で書いています。

――撮影者として、この映画を通じて得たものはありますか?

 砂田氏■映像を公開したときにそこに登場する人々がどういう視線に晒されるかということを、身を持って体験することができてよかったと思っています。

 たとえば、テレビ番組のディレクターが、ある一家を取りあげ、いい話にまとめたとします。でも、視聴者の中には「あの家族、何様だ」と叩く人がゼロとは限りません。そのときに一緒に責任を持てるかどうか。いい話にしろ、悪い話にしろ、他者を人目に晒すということがどういう痛みを伴うかということを、実感としてつかむことができたと思います。この先、フィクションを撮る機会があったとして、役者さんを使うにしても、その「痛み」を経験しないまま演出するのと、肌で知っていて演出するのとでは違うだろうなと思います。

――試写会などで映画の感想をいろいろと聞く機会があると思いますが、観客の反応を見て思うことは?

 砂田氏■具体的にどういうコメントが印象に残ったというより、映画について話しているときのみなさんの表情や姿に驚くことが多かったです。地方の合同取材だと、スーツを着た新聞記者の方々に取り囲まれて、ガチガチに堅い雰囲気の中で始まるんですが、話しているうちに「ああいうことって、ありますよねえ」と笑顔が見えたり、記者さん同士で家族の話をしたり。公の顔とは違ったプライベートの顔が出てくるんです。自分の映画がその人の人間らしさを引き出すきっかけになっているのだとすると、そこに映画を作ることの醍醐味を感じます。

 しゃべっているうちに泣き出しちゃう記者さんもいるんですよ、男性でも。奥に眠っている感情がポロッと出てしまう姿を目にすると、みんないろんな気持ちを抑えて暮らしているんだなあ、と。映画にできることって、普段は硬くなってしまっている心を、ちょっと柔らかくしたりすることなのかもしれないな、と思います。

――砂田監督は、いつかは是枝監督の下で働いてみたいと思い続けていて、4年越しでチャンスをうかがっていたと聞いています。この映画は時間の積み重ねの賜物だと思いますし、やりたいことのために時間をかけることは厭わないタイプですか?

 砂田氏■さすがにこの世界を志してからはあまりに自分自身の経済状況が厳しくて(笑)、「ちょっともう無理かな」と本気で思っていました。いくらやりたいことがあるとはいえ、「人としてマズイ」レベルの貧しさだったので。今も映画監督という名称がついたくらいで、いきなり変わらないところが残念ですが(笑)。

photo
 ずっと前から、ほんの15分でもいいから何か映像という形にしたいと思っていました。でも、ほとんどそのチャンスがありませんでした。20代のときと、30代になってからは、作りたい欲求も作りたいものも変化していく。そのときどきにしかできないこともあるはずなのに、ずっと作るチャンスがない。時間だけが流れていくことに対して苛立ちもあり、さらに生活がギリギリという。違う職業に就こうかと真剣に考えたときもありましたが、映像からすべて手を引くことがどうしてもできなかったんです。止めることが選択肢としてないなら、「しようがないな」と思って続けていました。

 この映画も半ば開き直って、ただ作りたいから作ったんです。周りの人のことや評価なんてどうでもいいや、と思って。周りの目を気にしているうちは、結局は何もできなかったんだなって今にして思います。

――制作過程を伺っていると、お父さんからの最後の贈り物のようにも思えますね。

 砂田氏■そうですね。すぐに配給会社や映画館が決まったことや、音楽にハナレグミがついてくれたこととか、いろいろトントン拍子に進んで。これまでの日々とのギャップが激しすぎて、「これはちょっと私の力だけじゃないんじゃないか」と。かなりの段取り感があったので、父が裏でこっそり手を回してくれたんじゃないかって(笑)。でも「今回までだよ」と言われているような感じがします。これからまた大変な日々が待っていると思っていますが、この映画が次に進む力になりました。


(取材・構成:澁川祐子、撮影:市村岬

●砂田麻美(すなだ・まみ)
1978年東京都出身。慶應義塾大学総合政策学部在学中よりドキュメンタリーを学び、卒業後はフリーの監督助手として是枝裕和らのもと、映画制作に従事。本作品が第一回監督作品となる。



ご投稿いただいた内容は、個人情報を含まない形で今後の編集の参考や弊社メディアでご紹介させていただくことがございます。 あらかじめご了承ください。(正しくご投稿いただいた場合、このアンケートフォームは今後表示されません)

1. この記事は貴方の業務に役立ちましたか?

2. 貴方はこの記事をどこで知りましたか?

3. この記事のご感想やご意見など、ご自由にお書きください

あなたの投稿

関連コンテンツ

東京都

2024年に向けて、サイバーセキュリティ最新情報や多様化する脅威への対処法&防止策

サイバーセキュリティ業界最大級のイベントRSAカンファレンスでも話題となった最前線をご紹介 攻撃に関連する被害のレベルが、かつてないほど高くなっている今、 専門家から最新の攻撃手法やトレンドに関する情報をお届けします。 サイバーセキュリティの専門家、ITリーダー、経営者、そしてデジタルアセットとプライバシーを守りたい全ての方々に知っておくべき! RSAカンファレンスでも話題となったサイバー対策や、政府、教育機関、弁護士からの講演を通して、進化するサイバー脅威から組織や自分自身を保護する力やより強固なサーバーセキュリティ体制の構築の知識を深めましょう! 最新のサイバー脅威動向の解明 サイバーセキュリティインシデントへの対応 サイバーハイジーンの強化 協力と知識共有 未来への強靭性の構築 本セミナーでは、複合環境における高度な脅威対策のためのネットワーク検出と可視性の重要性、そして技術の進化に伴う政策の変化と法的コンプライアンスの最適な戦略についてお話しいたします。 また、今後多発することが見込まれる ChatGPT 技術を悪用した攻撃、コロナ蔓延やウクライナ戦争を契機にしたサイバー攻撃の状況の変化、 VR/AR/MRにおける新たなセキュリティとプライバシーの脅威を踏まえといった最新の攻撃手法を掘り下げ、金融、電力業界から幅広い業界でのサイバーセキュリティの課題に取り組む皆様に向けて、一年に一度のセキュリティイベント、専門家と共にセキュリティの高度化を探求しましょう!

東京都

Ivanti NEXT 2023

コロナ禍によってリモートワークやハイブリッドワーク環境への対応の波とデジタル化の更なる加速によって、Everywhere Work(場所にとらわれない働き方)が拡大し、より柔軟性のある働き方が定着しました。それと同時に、従業員が利用するPCやモバイルデバイス、周辺機器デバイス、アプリの数が増えたことで、企業はより複雑化したIT環境に直面しながら、一層のセキュリティ強化が求められるようになっています。また、経済産業省が2018年に発表した「DXレポート ~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開~」により提唱された『2025年の崖』問題も迫っており、企業はDX(デジタルトランスフォーメーション)へ推進を加速しています。 そのような変化に対応・直面する中、 IT担当者が担うミッションはIT(ハードウェア、ソフトウェア)資産管理、サイバーセキュリティ(脆弱性、デバイス、ネットワーク)の強化、社員からのITサポートの対応、既存システムの保守、新システムの導入、OSの移行など多岐にわたり複雑化しているだけでなく、ITの人材不足や熟練者の退職によるナレッジのブラックボックス化が発生し、情報システム部門がすべての対応を行うことが難しい時代を迎えております。また、最近では従業員の定着率にも影響する「従業員のデジタル体験(Digital Employee Experience)」という重要性が高まっており、企業には、これまで以上にデジタル化で社員に負担をかけないよう、仕事環境の早急な改善が求められています。 本イベントでは、企業の「次」の戦略的なITの取り組みへリソースを使えるよう支援を目指すIvanti製品やソリューション、国内の事例をご紹介します。

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます