開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/11/11

タイ洪水のHDD不足、最悪のシナリオではPC出荷2割減も

米IDCは10日、タイの洪水被害によるハードディスクドライブ(HDD)供給の見通しを発表した。同社はまだ被害の全容はわからないとしながらも、2012年の第1四半期は厳しい供給不足に陥り、価格への影響は避けられないとしている。

 タイには、HDD大手の米WesternDigitalなどの工場があり、世界のHDD生産の40~45%を占めている。このうち、約半分が直接洪水の被害を受けたほか、流通網が遮断され、停電などによって操業停止を余儀なくされている。IDCでは、被害の全容はわからないとしながらも、2012年の第1四半期はHDDの供給不足は既に明らかだとしている。

 ただし、IDCでは直近のPC業界への影響は限定的としている。年末商戦に向けたPCの生産は既に始まっているほか、既存のHDDの在庫で対応できるため、出荷台数におよぶ影響は10%未満としている。しかし、同社の最悪のシナリオでは2012年第1四半期は前回予想の20%以上落ち込む可能性もあるという。

 IDCによれば、HDD業界は2012年第1四半期に回復しはじめ、2012年下半期に正常化して価格も安定化してくる見込み。

 IDC ジョン・リドニン氏は「HDD不足によって、エンタープライズサーバやストレージなど利益率の高い製品への大規模PCメーカーに優先的に供給される可能性がある」と指摘。「小規模PCベンダーやネットブックなど低価格商品に多大な影響を与える」(ローレン・ロベルド氏)という。

PC・ノートPC ジャンルのトピックス

PC・ノートPC ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!