開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/08/15

過疎と戦うエコカレッジ 尾野 寛明 氏:ユニークなサービスモデルと地域活性化の奮闘

アメリカン・エキスプレス・サービス・アカデミー レポート

先ごろNPO法人ETICの主催により開催された「アメリカン・エキスプレス・サービス・アカデミー」。これは、アメリカン・エキスプレスが同社の理念に基づきETICと独自開発した、社会起業家を対象とするサービス強化を目指した研修プログラムの一環だ。その中で、島根県に開業した有限会社エコカレッジの尾野 寛明 氏による講演が行われた。人口4,000人の過疎地域で一体どのように信頼を勝ち得て、ユニークなインターネット古書店というサービスモデルを構築し、成功したのだろうか?

フリーライター 井上 猛雄

フリーライター 井上 猛雄

1962年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。産業用ロボットメーカーの研究所にて、サーボモーターやセンサーなどの研究開発に4年ほど携わる。その後、アスキー入社。週刊アスキー編集部、副編集長などを経て、2002年にフリーランスライターとして独立。おもにロボット、ネットワーク、エンタープライズ分野を中心として、Webや雑誌で記事を執筆。主な著書に『キカイはどこまで人の代わりができるか?』など。

本屋が1つもなくなった過疎地で戦うインターネット古書店

photo
有限会社エコカレッジ 代表取締役
尾野 寛明 氏
 国内で古本屋というと、今やブックオフというイメージが強いかもしれない。実際に日本にある約3000店舗のうち、半分がブックオフなどのチェーン店になっており、新刊を扱う書店や既存書店は毎年廃業に追い込まれている。都市部での大型書店化も進み、中小書店を取り巻く環境は大変厳しい。

 こうした中で、エコカレッジの代表取締役 尾野 寛明 氏は「過疎と戦うインターネット古書店」の経営者として業界で知られている。同社は2001年に設立され、2006年に島根県の過疎地に移転した古本屋である。

 島根県のほぼ中央に位置する川本町は人口4,000人の町だ。だが2004年に町で唯一の本屋が廃業に追い込まれ、地元では本屋を何とか再生したいという想いが強かったという。そこで尾野氏は、この町で古書店をスタートさせる決心をした。しかし、なぜ過疎地でも経営が成り立つのだろうか?

 同社が扱う書籍は、主に経済、法律、社会科学、宗教、医学、コンピュータなど、専門性の高いものが多い。売上の約8割がAmazon経由からだ。郵便局と宅急便は日本全国に集荷にくるため、どのような場所でも配送できる。地域に大学があるような、50万人ぐらいの地方都市を中心にユーザーをつかんでおり、地元では手に入らない本を島根県から発送するという形だ。尾野氏は「日本人が1億人いれば、必ず1人は読みたいと思う専門書があります。そのようなユーザーを対象に、日の目を見るときを待って、専門書を売り出すというビジネスモデルです」と説明する。では、なぜ島根県なのか。

この記事の続き >>
    保管コストを徹底的に下げ、中古価格が上昇に転じてから売りに出す

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

競争力強化 ジャンルのセミナー

競争力強化 ジャンルのトピックス

競争力強化 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!