開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/09/11

東芝ソリューション、製薬企業向け「文書配付回収管理ソリューション inforester」販売開始

東芝ソリューションは、製薬企業向けのSOP(Standard Operating Procedures)(標準業務手順書)配付回収の統合管理を行うソリューション「文書配付回収管理ソリューション inforester」を販売開始した。

 製薬企業では、薬事法と関連する規定により、配付文書や記録の管理を義務づけられている。2005年からは電子保管(電磁的記録)が認められ、電子化が進んでいるが、実際の製造現場などでは、マニュアルなどの業務文書を紙に印刷して利用されているケースもあり、業務文書の改訂時には改訂内容が現場にある印刷文書には反映されず、関係者が古い版のまま業務を行ってしまった結果、重大な製造ミスや遵法違反を発生させるというリスクがある。

 「文書配付回収管理ソリューション inforester」は、複製した紙や電子情報に個別のIDを発行し、回収状況や利用期限をサーバで管理する。紙文書には、IDを二次元コードとして印字し、配付や回収状況を管理する。情報のライフサイクルや複製の親子関係を一元管理可能となるほか、要配付文書・要回収文書の配付先追跡、文書を配付した人別・場所別の保有文書追跡が可能となる。SOP版ずれ(旧版)運用のリスク回避、SOP配付回収業務の効率化・省力化、SOP配付回収業務の見える化、情報漏えいの防止、スムーズな査察・監査対応などの導入効果が見込まれる。

Office、文書管理・検索 ジャンルのトピックス

Office、文書管理・検索 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!