開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/09/25

日本オラクル、H2Oや大阪ガスなどユーザー企業17社と西日本でコミュニティー発足

日本オラクルは25日、旭食品、エイチ・ツー・オー リテイリング、大阪ガスなど、オラクル製品のユーザー企業17社とともに西日本地域におけるユーザーコミュニティーが発足したと発表した。

 新たに発足したユーザーコミュニティーは、Oracle Exadata製品を購入したユーザー企業。変化する経営環境における柔軟な対応や意思決定のスピード向上を実現する情報システムの活用最大化を目指す。

 本コミュニティーの活動の一環として、定期的に参加企業と情報交換会やセミナー開催などを通じ、最新の情報技術の動向や、国内外でのITイノベーション事例を共有し、将来に向けた情報システムのあり方を西日本地域の各界に提言していくという。

 ユーザーコミュニティーの参加企業は、旭食品、エイチ・ツー・オー リテイリング、大阪ガス、ゲオホールディングス、大和ハウス工業、パナソニックインフォメーションシステムズ、ヒスコム、メディアドゥ、レンゴーなど17社。

 企業は、本コミュニティーに参加することで、他分野や異業種の事例を参考に、次世代ITの検討に役立てることができるという。

 日本オラクルは1992年6月、現西日本支社の前身となる西日本事業所を開設し、関西地域で事業を展開して20年を迎えている。

お勧め記事

見える化・意思決定 ジャンルのトピックス

見える化・意思決定 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!