開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/02/14

日立システムズ、効率よくソーシャルデータを活用・分析するサービスを提供

日立システムズは14日、Twitterやブログなどのソーシャルメディアに投稿されたデータと、顧客が保有する実売データや製品データなどを組み合わせ、地域別やカテゴリ別に効率良く傾向分析でき、新商品企画・開発、販売促進などに役立てられるデータ活用・分析サービスを開始すると発表した。

画像
図1■気になるワード検索 トレンドランキング画面
 近年、トレンド予測や現状調査の手段として、低コストでスピーディーに消費者の直接の声を分析できるソーシャルデータに注目が集まっている。しかし、日々膨大なデータが生まれていて集計・加工が大変であることや、消費者の声に広告情報やデマ情報などが混在するため信憑性が低い点が、ソーシャルデータ利用の妨げになっていた。

 こうした背景を踏まえ、日立システムズでは、ソーシャルメディア分析技術を持つホットリンク、食品メーカー・卸企業・外食・中食・小売などに対してクラウド型販売促進情報プラットフォームの提供を手がけるインフォライズとの協業により、「ソーシャルデータ活用・分析サービス」を開始する。

 同サービスの特長は、発言に影響力があるインフルエンサーの情報を活用し、大量のソーシャルデータの中から必要なデータだけを抜粋し、さらに関連するカテゴリ情報やマスタデータと組み合わせ、効率的にデータを分析できることだ。

画像
図2■トレンドグラフ画面
 例えば、地域別、食に関する情報、施設・場所に関連した情報、感想情報などに絞り込み分析することができる。また、件数別や伸び率、初登場でのランキング表示も可能。同サービスの利用により、ソーシャルデータから、ライフスタイルの変化や消費行動のトレンドなどをタイムリーかつ的確に把握することが可能だ。

 さらに、本サービスにより得た情報を、新商品企画・開発、販売促進に加え、CS向上、風評被害対策、調達先調査などに役立てることができる。クラウド型のサービスであるため初期投資も比較的安価で、1ユーザーあたり月額10万5千円(税込)から利用可能となっている。

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!