開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/06/25

日本旅行、ICT資産管理にOKIのクラウドサービスを採用 運用・管理負担の軽減に貢献

OKIは25日、日本旅行の全国約400店舗の窓口で利用されているPC約1,600台の資産管理クラウドサービスとして「EXaaS ISM(エクサース アイエスエム)」および約540台の発券などを行うプリンタとして「EXaaS プリンタLCMサービス」を提供したと発表した。

 日本旅行は、社員が発券・予約業務などを行う端末としPC・プリンタを利用している。これまで利用していた端末の老朽化にあたり、短期間で導入でき、導入後の端末管理の業務負担を軽減できるサービスの利用を考えていたという。検討の結果、PCの資産管理にはOKIのクラウドサービスの「EXaaS ISM」を採用し、プリンタは調達から運用保守まで一括してサービス提供する「EXaaS プリンタLCMサービス」に決定した。

 日本旅行は、同サービスの導入により窓口端末であるPCの一元管理が可能となり、従来に比べて管理負担が軽減された上、情報セキュリティ対策が強化されたという。また、PCのトラブル時にはヘルプデスクや保守サービスが利用でき、迅速な問題解決を図れる。プリンタについては、常時、稼働状況を監視し、使用状況に応じて消耗品(トナーカートリッジ、イメージドラム)やメンテナンス品が配送されるため、面倒な消耗品などの在庫管理・発注業務が不要となった。

IT資産管理・ソフトウェア資産管理 ジャンルのセミナー

IT資産管理・ソフトウェア資産管理 ジャンルのトピックス

IT資産管理・ソフトウェア資産管理 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!