開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/08/22

日本企業、アップル製品の持ち込み容認は世界一 BYODには厳しくDropboxには寛容

バックアップソリューションを手がけるアクロニスは22日、企業のBYOD(私物機器の持ち込み)、バックアップ戦略、ストレージ戦略に関する取り組みと意識を国別にまとめた調査レポート「BYODグローバル・トレンドリサーチ2013」を公開した。調査結果によれば、日本企業は、BYODについては世界トップレベルの慎重さを誇る一方で、Dropboxなどのパブリッククラウド上のファイル保存や共有に関するルールは世界で2番目に緩いことがわかった。

画像
出典:BYODグローバル・トレンドリサーチ2013

 調査結果によれば、日本は世界で2番目にモバイル機器ポリシーの遵守度が高いことがわかった。また、世界でもっとも個人モバイル機器の企業ネットワークへのアクセス(BYOD)を遮断しているという。

 日本でも、約1割のエグゼクティブや特別なユーザーにのみBYODに関する例外が適用されているものの、世界平均の2割を大きく下回った。

 また、BYODについての従業員トレーニングの実施率でも世界でNo.1となった。

 一方で、会社のファイルをDropboxなどのパブリッククラウド上に保存、共有を許可している率が、世界で2番目に高かった。しかし、その危険性については世界でもっとも問題視しているという。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのトピックス

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!