開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/04/14

朝日航洋、BYOD推進でセキュアブラウザ「アリエル・エアプロテクション」を導入

アリエル・ネットワークは14日、朝日航洋にスマートデバイス向けセキュリティウェア「Ariel AirProtection(以下、アリエル・エアプロテクション)」を導入したことを発表した。

 朝日航洋は、ヘリコプターやビジネスジェット航空事業や測量事業を柱に全国に展開する企業。同社は2013年、情報共有基盤としてWebコラボレーションウェア「アリエル・エンタープライズ」を採用しているが、今回はアリエル・ネットワークの提供するセキュアブラウザ「アリエル・エアプロテクション」を導入した。

photo
朝日航洋は、機内で治療を継続しながら医療機関へ向かうドクター・ヘリコプターシステムなどを構築している
(朝日航洋提供)


 アリエル・エアプロテクション導入により、スマートデバイス利用者の約7割がBring Your Own Device(以下、BYOD)を実施し、外出先でのスケジュール確認や、航空機運航予定の確認など、私用のスマートデバイスから社内システムにセキュアにアクセスすることを実現した。

 アリエル・エアプロテクションの利用申請・承認手続きは、アリエル・エンタープライズのワークフローで管理しており、利用希望者の申請が承認されると自動的にスマートデバイスが利用可能な権限が付与される仕組みの構築して運用している。これにより、システム運用管理者の負荷低減と、私物端末を会社の許可を得ずに業務に利用する「シャドーIT」を未然に防止しているという。

 朝日航洋は、災害の際の救援物資輸送や航空医療搬送などをヘリコプターで遂行しているため、有事の際には速やかに緊急用オペレーションへ移行できるよう、いち早く自社の安全確保と復旧を行う必要があるとしている。同社では今後、BCPの一環として、アリエル・エンタープライズとスマートデバイスを活用した災害状況の集約と共有を視野に入れている。朝日航洋の情報システム部長 登井 紹公氏はこれについて次のようにコメントしている。

「アリエル・エンタープライズとアリエル・エアプロテクションを併せることで、通常業務に必要な情報はもちろん、緊急時の従業員の安全確認や業務再開のために必要な情報を速やかに収集・分析することができます。今後もスマートデバイス活用への取り組みを積極的に行っていく方針です」

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのセミナー

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのトピックス

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!