開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2013/09/02

富士通エフサス、3つのWindows XP移行支援サービス 一時延命から仮想化対応まで

富士通エフサスは30日、これからWindows XPからの移行を検討している企業向けに、新たなWindows XP移行支援サービスを提供すると発表した。本サービスは、同社のこれまでの約4,000社(稼動台数 約60万台)のXP移行パターンを分析し、そのノウハウを新たに体系化したものという。

 本サービスは、富士通製PC以外の機器を使っている企業に対して提供するもの。

 PCの買い替えのほか、(1)自社の要件に合わせたコスト・時間重視の一時延命、(2)「VMware Horizon Mirage 4」を活用したOS入替、(3)将来のスマートデバイス、シンクライント対応などのシステム構築を見据え、「VMware Horizon View」や「Citrix Xen Desktop7」を活用したアプリケーション仮想化やデスクトップ仮想化まで、3つの移行サービスから選択できる。

photo
サービスの概要

 また、本サービスの提供と合わせ、2013年12月末までの期間限定で、最適な移行プランニングを提案する「Windows XP移行無償診断キャンペーン」を実施する。現在の利用環境から移行に向けた課題確認と移行プランニングを無償で行い、要望に合わせたXP移行サービスを提案する。

 価格はすべて個別見積もり。

関連セミナー

PC・ノートPC ジャンルのトピックス

PC・ノートPC ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!