開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/07/15

はてなブログチーム柴崎優季氏が明かすGitHub活用ノウハウ(前編)

GitHub Kaigi 2014

GitHub User Group主催のGitHub Kaigiが6月1日、都内で開催されました。GitHubを利用した開発はスタートアップやオンラインサービス系の企業などを中心に広まりつつあり、いままさに数多くのノウハウの交換が求められているツールでもあります。本記事ではGitHub Kaigiの2つ目のセッションとなった柴崎優季氏の「はてなブログチームの開発フローとGitHub」の内容をダイジェストで紹介します。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

はてなブログチームの開発フローとGitHub

 Twitterでは@shiba_yu36と名乗っています。はてなのはてなブログチームに所属しています。

photo

 今日は、はてなブログチームでの開発フローの課題とその解決について、お話ししていこうと思います。

 はてなブログチームは「はてなブログ」を作っています。エンジニアが5人くらい、デザイナーが2人くらいでやっています。

photo

 このメンバーでPull Requestを毎月170くらい、Commitはだいたい1300くらい。リリースは、月に45リリースくらいしています。

photo

 これをいまのところGitHub Enterpriseを使ってやっています。

 いまは開発速度を保っていますが、かつては開発フローの問題などがあり、徐々に改善をしていったので、どういう改善をしたのか、タスク管理やレビュー、リリースについて話していきます。

photo

ブログチームでの開発の流れ

 ブログチームでの開発の流れは、issueを登録してアサインし、GitHub Enterprise上でそれに対応するbranchを作成し、開発してレビューしてmerge。mergeがたまったらリリース、となっています。

photo

 基本的に3種類のブランチがあり、masterは本番と全く同一で、developは開発ブランチ。あとは機能ごとのfeature branchがあります。

 図にするとこういう感じで、issueを登録したら対応するfeature branchを作って、レビューが完了したらdevelopブランチにmergeして、たまっていったらmasterブランチにpull requestを送ってリリースします。

photo

【次ページ】 タスク管理について

Web開発 ジャンルのトピックス

Web開発 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!