開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/08/06

関西流ベタベタIT商法の挑戦110~企画力とネットパワーで旅館を切り盛りする名物女将

合同会社 関西商魂 代表 中森勇人

2014年夏、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に新しいテーマパーク「ハリー・ポッターの魔法の世界」がオープンした。地元大阪では期待が高まり、オープンにあわせて様々なイベントが企画されている。ミナミ(大阪市中央区)で6代に渡り旅館を営む大和屋本店でも新テーマパークのオープンにあわせて宿泊プランを行っている。その先頭に立つのが女将の石橋利栄さん。日々、スタッフ40名と共に39室をフル稼働させている。

中森勇人

中森勇人

合同会社 関西商魂
代表

稼働率300%を目指す

 石橋さんが若女将として大和屋に嫁いだのは今から27年前のこと。それまでは旅行会社で働く普通のOLだった。当時のことを石橋さんは「バブルの真っ只中ということもあり、先代の社長が30億円を投資して新館を建てました。でも、すぐにバブルははじけて借金だけが残り、月6,000万円のノルマが重く圧し掛かったんです」と話す。 繁華街のど真ん中にある老舗の旅館といえども満室にすることは難しい。ましてや頼みの修学旅行生などの団体客が減少。当時は月4,000万円を売り上げるのが精一杯だったのだという。

 銀行からは「もう、潰れてますやん」と言われ、四面楚歌の状態。しかも若女将になって4年目に先代が亡くなり、どん底を味わうことになる。

 「決算書を見てビックリ。古い会社にありがちなどんぶり勘定で借金は雪だるま式に膨らんでいましたね。数字に弱かった私は経理学校に通い簿記を学び、セミナーにも参加し一から経営の勉強を始めたのです」と語る石橋さんは一大決心をする。それは民事再生を適用することだった。金融機関の支援を受けて再生の道を模索するという苦渋の決断だった。

 債権者に迷惑をかけられないと旅館経営に斬新なアイデアを次々と投入していく。テーマは「平面から立体へ」。今までは宿泊だけに使っていた部屋を立体的に回していく手法を考案した。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

中堅中小企業 ジャンルのセミナー

中堅中小企業 ジャンルのトピックス

中堅中小企業 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!