ようこそゲストさん

  • 2014/10/03 掲載

NTTPC、IPv6 IPoEを利用し、大容量かつ安定した通信を実現したサービスを開始

記事をお気に入りリストに登録することができます。
NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)は、大容量かつ安定した通信を実現した高品質なインターネット接続サービス「InfoSphere ダイレクトコネクト」を発表した。
 NTTPCは、NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光ネクスト」の基本機能IPv6 IPoE(以下、「フレッツ」IPv6 IPoE)を利用することで、大容量かつ安定した通信を実現した、高品質なインターネット接続サービス『InfoSphere ダイレクトコネクト』を10月2日より受付開始し、11月4日より提供開始する。

 クラウド利用の拡大や通信を必要とするWEBアプリケーションの増大により、多くの企業にとって、もはやインターネット接続は欠かすことのできないインフラとなりつつあり、インターネットトラフィックは増大傾向にある。

 同サービスでは、「フレッツ」IPv6 IPoE を利用することにより、従来のInfoSphere 「フレッツ」接続サービス(PPPoE方式)と比べより大容量かつ通信品質が安定したインターネット接続を実現。また、同サービスでは既存IPv4設備を活用しながらインターネットVPNの構築や、IPアドレス制限によるセキュリティの実現などを可能とするIPv4固定アドレスを提供する。

【サービスの特長】
(1)「フレッツ」IPv6 IPoEを利用した大容量通信

「フレッツ」IPv6 IPoEを採用することで、従来のInfoSphere 「フレッツ」接続サービス(PPPoE方式)と比べ大容量の通信が可能に。

(2)ネットワーク構成のシンプル化による安定したネットワーク
通信トンネルを自社ネットワーク内で終端する構成を実現。ネットワーク構成がシンプルになったことで、混雑に強く信頼性の高いネットワークサービスを提供する。さらに、万が一の故障時の切り分け作業を短縮化でき、早期の復旧が可能。

(3)ビジネス利用に適した固定グローバルIPアドレス(IPv4)を付与
接続用のグローバルIPアドレス(IPv4)を固定的に割り当てる。既存のIPv4設備を活かしたまま、インターネットVPNや、モバイルからのリモートアクセスなどに利用でき、またクラウド接続時のセキュリティ向上にも活用できる。

(4)一元提供・一元保守
NTTPCより「フレッツ 光ネクスト」およびレンタルCPEの手配を行うので、NTT東日本・NTT西日本への回線手配やルーターの設定・設置手配を自社で行う必要はない。また、万が一の故障発生時にもNTTPCが故障原因の特定を行い、迅速なサービス復旧を行う。故障受付は24時間365日対応。

photo
イメージ図

画像
料金体系

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます