開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/12/04

2020年のIT主要市場規模予測、M2M・3Dプリンタ・MVNO・スマホ向け広告が大幅増-NRI

野村総合研究所(NRI)は4日、スマホや3Dプリンタなどデバイス7分野、無線LANやMVNOなどネットワーク2分野、ECなどプラットフォーム市場5分野、ゲームや電子書籍など5分野、クラウド・データセンター・M2Mなどソリューション市場5分野といった国内のICT関連主要市場について、東京五輪が開催される2020年までの市場規模とトレンドについて展望を発表した。

 NRIによる国内のICT市場規模調査結果と2020年の予測は以下の通り。

photo

 デバイス市場のうち、スマートフォン市場については、昨年度の予測よりも、2018年度時点の普及率は10ポイントほど下振れし、普及の速度も3年ほど後ろ倒しとなった。これまで、キャッシュバックインセンティブが過熱化していたが、4月に政策転換したことが引き金になったという。

 その他、デバイス市場では、次世代テレビ、ウェアラブル端末、3Dプリンタが高成長するとの予測になった。ウェアラブルについては、足元ではトラッカー(健康情報をトラッキングするデバイス)やアクションカメラといった入力系デバイスから普及が始まっているが、今後はスマートグラスやスマートウォッチ、3Dプリンタのような、その先の新しい「出力デバイス」の時代へ移行するという。

画像

画像

【次ページ】FVNO登場で固定回線はどうなる?BtoC EC市場は消費税増税の影響は?

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのセミナー

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのトピックス

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!