開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/02/12

億単位の借金からスマホケースで起死回生、モバイルプラスの新規事業成功の秘訣とは

新年がはじまり、新しいビジネスを立ち上げたいという経営者も多いだろう。しかし、資金がない、ルートがない、販路がないとスタート時点で二の足を踏んでしまうのがほとんど。思い立ったが吉日と言うが、なかなか実行に移すのは難しいのが現実だ。こんな、モヤモヤした気分を吹き飛ばしてくれる元気でパワフルな経営者が大阪にいる。スマホケースのネット販売でトップクラスの売り上げをたたき出しているMobilePlusを運営するモバイルプラスの山崎由紀子社長(52)こそがその人。山崎社長は「これならいける!と感じたらすぐに行動。オープンして4年になりますが、対応機種をドンドン増やし、今では市場に出ているスマホ全機種に対応しています。どこにも負けない価格も売りの一つです」と自信を覗かせる。

中森勇人

中森勇人

合同会社 関西商魂
代表

キーワードは“フォローユアハート”

photo
 山崎社長が会社経営に乗り出したのは今から18年前のこと。それまでは大手情報サービス会社に勤める営業担当だった。

 当時のことを山崎社長は「出産や子育て、離婚を経験し子供たちのためにも自立した女性でなくてはならないと思いました。そんなとき『夢を諦めてはいけない』と奮起し、身近にある“靴下”で起業をしようと思い立ったわけです」と振り返る。

 元々、商家で育ったことや、営業時代に培ったノウハウやデータを生かして会社を興すことに。

 店舗運営から仕入れ、販売まで、教えを乞いながら、一時は大阪で6店舗を展開。3億円を売り上げる成功を納めた。

 しかし、好事魔多し。成功に気を良くしたことから、大型ショッピングセンターに大規模店を同時出店。はじめはうまくいったものの、客足が遠のき、景気の低迷も相まって次々と店舗を閉鎖。残ったのは億単位の借金だけ。

 すでに子供が自立していたこともあり、起死回生をかけて新規ビジネスのヒントを求め、中国視察を敢行。そのとき出会ったのがスマホケースだったのだという。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

中堅中小企業 ジャンルのセミナー

中堅中小企業 ジャンルのトピックス

中堅中小企業 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!