開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2015/08/05

セコム、マイナンバー対応も可能な生体認証システム「セサモIDf」を8月発売へ

セコムは5日、生体認証として多人数の静脈認証に対応した認証システム「セサモIDf(アイ・ディー・エフ)」を8月から発売すると発表した。

 今回発表した「セサモIDf」は、従来製品と比較して小型化されたほか、防水機能を持つことから屋外への設置も可能になった生体認証システム。ネットワークを使用してWebブラウザから個人情報の登録、履歴の表示などが行える。

 セサモIDfには6000人の指静脈を登録可能で、セキュリティレベルに合わせてICカードと静脈認証を組み合わせた認証も選択できる。また、セコムのセキュリティシステムとの連携や出退勤管理、インターネットを利用して「セコムあんしん勤怠管理サービス」との連携も可能だ。

photo
「セサモIDf」システム イメージ

 セコムによれば、来年1月よりスタートするマイナンバー制度によって企業やデータセンターにおける入退室管理と本人確認のニーズが高まっているという。同社は1988年に日本初の指紋照合システム「セサモID」、2006年には手のひらの静脈で認証する「セサモIDj」を発売するなど、オンライン・セキュリティシステムとの連動や認証精度の開発に注力しており、今後も生体認証システム開発、提供をすすめていく考え。

PKI・暗号化・認証 ジャンルのセミナー

PKI・暗号化・認証 ジャンルのトピックス

PKI・暗号化・認証 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!