開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/12/02

日本精工、「Oracle Exadata」を導入 基幹システムをプライベートクラウドへ

日本精工(以下、NSK)は2日、同社の基幹システムの統合データベース基盤として、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine (以下、Oracle Exadata)」を導入し、海外拠点を含むグループ共通のプライベートクラウド環境として稼働開始した。システム導入支援はアシストが担当。

 NSKでは、2013~2015年度の中期経営計画において、ガバナンスの充実およびコンプライアンス強化、事業構造改革、グローバルマネジメントの進化を目標として掲げている。NSKは、目標達成のために、既存の基幹システムの刷新を決定した。

「Oracle Exadata」の導入により、旧システムと比較して調達・運用コストが約60%削減され、最大2.5倍の性能向上が達成されたという。

 NSKはオラクルのエンジニアド・システムのためのサポートサービスである「Oracle Platinum Services」も採用。「Oracle Platinum Services」は、オラクルの保守サポート「Oracle Premier Support」のオプションサービスで、リモートでの障害監視およびパッチ適用サービスを追加コストなしで提供する。さらに、統合データベース基盤に求められる堅牢性強化のため、「Oracle Maximum Availability Architecture (MAA)」および「Oracle Maximum Security Architecture (MSA)」を採用。これにより、「Oracle Exadata」上で稼働するシステムのすべてが、可用性、セキュリティ、性能向上のメリットを享受できるようになる。MAAに含まれるデータベースのリアルタイム連携機能である「Oracle Active Data Guard」を活用することで、1,500kmを超える複数台の「Oracle Exadata」が常時同期され、基幹システムの24時間365日稼働を支える災害対策も実現されるという。

 今後は、会計・調達システムとしてグローバル・シングル・インスタンスで運用する「Oracle E-Business Suite」を皮切りに、他の既存システムの稼働基盤も「Oracle Exadata」に順次移行する予定。

 アシストは、「Oracle Exadata」の導入支援、環境構築支援に加え、既存環境からのデータ移行支援や性能検証支援などを実施。また、ハードウェアからOracle Databaseにいたるまで「Oracle Exadata」の構成要素に関する問い合わせ窓口を一本化した「DODAIコール」をNSKに提供し、複数台の「Oracle Exadata」に関する迅速な問い合わせ対応、問題の早期解決を実現するという。

データベース ジャンルのトピックス

データベース ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!