ようこそゲストさん

  • 2015/12/02 掲載

日本精工、「Oracle Exadata」を導入 基幹システムをプライベートクラウドへ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
日本精工(以下、NSK)は2日、同社の基幹システムの統合データベース基盤として、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine (以下、Oracle Exadata)」を導入し、海外拠点を含むグループ共通のプライベートクラウド環境として稼働開始した。システム導入支援はアシストが担当。
 NSKでは、2013~2015年度の中期経営計画において、ガバナンスの充実およびコンプライアンス強化、事業構造改革、グローバルマネジメントの進化を目標として掲げている。NSKは、目標達成のために、既存の基幹システムの刷新を決定した。

「Oracle Exadata」の導入により、旧システムと比較して調達・運用コストが約60%削減され、最大2.5倍の性能向上が達成されたという。

 NSKはオラクルのエンジニアド・システムのためのサポートサービスである「Oracle Platinum Services」も採用。「Oracle Platinum Services」は、オラクルの保守サポート「Oracle Premier Support」のオプションサービスで、リモートでの障害監視およびパッチ適用サービスを追加コストなしで提供する。さらに、統合データベース基盤に求められる堅牢性強化のため、「Oracle Maximum Availability Architecture (MAA)」および「Oracle Maximum Security Architecture (MSA)」を採用。これにより、「Oracle Exadata」上で稼働するシステムのすべてが、可用性、セキュリティ、性能向上のメリットを享受できるようになる。MAAに含まれるデータベースのリアルタイム連携機能である「Oracle Active Data Guard」を活用することで、1,500kmを超える複数台の「Oracle Exadata」が常時同期され、基幹システムの24時間365日稼働を支える災害対策も実現されるという。

 今後は、会計・調達システムとしてグローバル・シングル・インスタンスで運用する「Oracle E-Business Suite」を皮切りに、他の既存システムの稼働基盤も「Oracle Exadata」に順次移行する予定。

 アシストは、「Oracle Exadata」の導入支援、環境構築支援に加え、既存環境からのデータ移行支援や性能検証支援などを実施。また、ハードウェアからOracle Databaseにいたるまで「Oracle Exadata」の構成要素に関する問い合わせ窓口を一本化した「DODAIコール」をNSKに提供し、複数台の「Oracle Exadata」に関する迅速な問い合わせ対応、問題の早期解決を実現するという。

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます