開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2012/04/26

中国の交通銀行東京支店、野村総研の日銀決済システム「I-STAR/LC」を採用

野村総研は26日、上海に本店を置く交通銀行の東京支店に対し、日本銀行の国債および資金決済を行うASPサービス「I-STAR/LC」の提供を開始したと発表した。

 野村総合研究所(野村総研)は、中華人民共和国の上海に本店を置く交通銀行の東京支店に対し、日本銀行の国債および資金決済を行うASPサービス「I-STAR/LC」の提供を、4月16日に開始した。

photo
「I-STAR/LC」のサービスイメージ

 証券会社、銀行、信託銀行などの金融機関向けに提供している「I-STAR/LC」は、日銀ネットに接続して決済管理を行う、日本で唯一のASPサービス。交通銀行は、他社導入実績および充実した機能を評価し、「I-STAR/LC」の導入を決定した。

 交通銀行は、外国為替円決済制度の直接加盟銀行になるタイミングで、「I-STAR/LC」の利用を開始。同行は、自社システムにおけるSWIFTベースのインターフェイスを利用して、「I-STAR/LC」とデータの接続を行う。対日銀の電文フォーマット変換に加え、日本と中国間の決済データの決済ステータス管理や、資金繰りサポートなど、「I-STAR/LC」に備わっているさまざまな機能を利用することで、自社システムの開発コストを大幅に削減したという。

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!