開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/12/17

1つのPaaSでWindows ServerとLinuxの共存が可能に 「Cloud Foundry」の新機能

「Cloud Foundry」は、オープンソースで開発されているPaaS型クラウドサービスの基盤ソフトウェアです。IBMのBluemixやNTTコミュニケーションズのCloudn PaaS、ヒューレット・パッカードのHelionなどで採用されています。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

 11月にリリースされたCloud Foundryの最新版である「Cloud Foundry 1.6」では、「Diego」と呼ばれる新しいアーキテクチャを採用し、Dockerイメージに対応、Windows対応などの新機能が登場しました。

 そのCloud Foundry開発の中心的な役割を果たしているPivotal社の主要な開発メンバーが来日、12月7日に都内で「Cloud Foundry Users Meetup Tokyo 2015」が緊急開催されました。 イベントの内容をダイジェストで紹介しましょう。

内部の通信がIPsecですべて暗号化

 Pivotal Director of Product Management、Mark Kropf氏。

photo

 Pivotal Cloud Foundry 1.6では、Windows対応、Dockerイメージ対応などを実現 なかでも最も重要なのは、Diegoによってランタイムを迅速にプラットフォームへ乗せていくことができるようになったということ。

photo

 また、もっとも要求されていた機能のひとつがセキュリティやガバナンスの強化。その1つとして、Cloud Foundryのルータから内側のデータをIPsecですべて暗号化する、といったことを実現した。

photo

 現在取りかかっている素晴らしい機能、ただし今後まだ変わる可能性がある点に注意していただきたいが、それが「Elastic Clusters」。

 Cloud Foundryのワークロードを分離し、また複数のIaaSへ展開できるようになる。

photo

 将来的には、1つのCloud Foundryが異なるIaaSに分散され、アプリケーションがAWSやオンプレミスなどにデプロイできるようになり、アプリのデプロイ先がダウンすると別のクラウドで立ち上がるといったことができるようになる。

photo

オープンソースソフトウェア ジャンルのセミナー

オープンソースソフトウェア ジャンルのトピックス

オープンソースソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!