ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2022/11/04 掲載

アップルもiPhone製造を本格化、これからはインドが「世界の工場」になるワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
かつて「世界の工場」と呼ばれた中国だが、米中貿易摩擦や地政学リスクが顕在化するなか、その地位は他国との厳しい競争にさらされ、状況が大きく変わりつつある。ベトナムが代替国の筆頭とみられているが、インドの追い上げも無視できない。iPhone 14 Plusの生産抑制が伝えられるアップルだが、インドで最新機種の製造を開始する計画を明らかにしている。インド政府も170兆円以上を投じ、外国製造企業による投資を拡大する目論見だ。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
アップルなど製造企業による拠点シフトが活発化するインド
(Photo/Getty Images)

アップル、iPhone14製造の一部をインドにシフト

 アップルが最新モデルiPhone14の製造を一部インドで開始することを明らかにした。インドの製造インフラは問題が山積しており、撤退した外国企業は少なくないといわれているが、アップルのこの動きは他の外国企業のインド投資の呼び水となる可能性があり、海外メディアでも注目の動きとなっている。

 これまでの報道によると、アップルは2017年にインドでのiPhone製造を開始したが、製造ラインナップは古いiPhoneモデルに限定されていた。先般、明らかになった情報によると、アップルの製造を請け負っているフォックスコンがインド・チェンナイ郊外の製造拠点でiPhone14の製造に着手するという。

 インドで製造されたiPhone14はインド国内市場に加え、海外市場でも販売される見込みだ。

 アップルがインドで最新モデルの製造を開始するにあたり、メディアやアナリストによるさまざまな分析が行われている。理由の1つとして指摘されているのが、インド国内市場の成長可能性だ。

 CNBCが伝えたCounterpoint Researchの調査によると、2021年インドのスマホ市場におけるアップルのシェアは3.8%にとどまるものだった。日本におけるアップルのシェアは47%以上ともいわれており、これとは対象的な数字となっている。

 Counterpoint Researchによると、インド国内では韓国サムスンや中国シャオミなどの低価格スマホのシェアが高く、全体的にみるとアップルは苦戦を強いられているようにみえる。一方、4万5,000インドルピー(約7万9,700円)以上の高額機種セグメントでは、iPhone13の売れ行きがよく、アップルは販売台数トップとなっている。

 一方で、直近でiPhone14の販売不振が伝えられている。Digitimesによると、アップルのサプライチェーンパートナーはiPhone14 Plusの生産を40%も削減するよう命じられたという。これを挽回するうえでもインドの存在は欠かせない。

 JPモルガンのアナリストらによると、2022年中にiPhone14製造全体の5%がインドにシフトされる見込み。また2025年には、最新モデルを含むiPhone製造全体の25%がインドに移管される可能性もあるという。

画像
インドでの製造にも課題は多い
(Photo/Getty Images)

「世界の工場」としてのインドの可能性

 直近数年のマクロ経済の数字を見ると、インドでは製造業分野での海外投資が増加傾向にあり、アップル以外にもインド国内での製造拡大を狙う外国企業は少なくないことが分かる。

 インド地元紙The Hinduが2022年7月28日に伝えたインド政府統計によると、2021~2022年の海外直接投資(FDI)は、848億3000万ドルとこれまでの最高値を更新。このうち、製造業分野では213億ドルが投じられたという。製造業分野のFDIは、前年の120億ドルから76%の増加を記録した。

 対インドFDIの国別投資割合は、シンガポールが27%でトップ、これに米国(18%)、モーリシャス(16%)、オランダ(7.8%)、スイス(7.3%)が続く。

 製造業の中で特に海外投資が活発なのが、自動車、化学、製薬など。

 India Brand Equity Foundationがまとめた2000~2021年12月までの製造業FDIの分野別データによると、トップは自動車でその額は318億ドルに上る。これに製薬(192億ドル)、化学(191億ドル)、食品加工(109億ドル)、電子装置(105億ドル)が続く。

 アップルの投資は「Electronics」に分類されると思われるが、同分野は32億ドルにとどまる。アップルの動きが呼び水となり、Electronics分野の投資は今後伸びてくるかもしれない。

【次ページ】インドの製造業をとりまく課題

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます