• 2024/03/05 掲載

旧渋沢邸を報道公開=青森から再移築―清水建設

時事通信社

photo
  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。


清水建設は5日、青森県六戸町から東京都江東区に再移築した「旧渋沢邸」の内部を報道陣に公開した。渋沢栄一が暮らした邸宅では唯一現存するもので、2代目当主清水喜助が設計施工した表座敷部分は築146年になる。今年1月に江東区指定有形文化財に指定された。

清水建が昨秋開設したイノベーション・人材育成拠点の目玉施設で、同社の歴史資料館も併設した。4月から関係者の見学を受け入れる。一般公開の準備も進めている。清水建の井上和幸社長は記者会見で「当社のDNAを継承する場となる」と語った。

旧渋沢邸は1878年に東京・深川に建設。移築・増改築を経て現在の和洋館並列型となった。渋沢家は栄一から4代にわたって暮らした。戦後に国有化され、大蔵相公邸や共用会議所として使われた後、1991年に青森県に移築されていた。2019年に清水建が取得した。

【時事通信社】 〔写真説明〕報道陣に公開された旧渋沢邸(写真上)と同邸宅の客間(同下)=5日、東京都江東区 〔写真説明〕報道陣に公開された旧渋沢邸=5日、東京都江東区

関連タグ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます