開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/12/02

村田製作所、世界初175℃の高温に対応した自動車向けチップフェライトビーズを商品化

村田製作所

photo

株式会社村田製作所(以下、「当社」)は、自動車向けとして世界で初めて(※1)175°Cの高温環境下で使用可能なノイズ対策部品であるチップフェライトビーズ「BLM18KN_EHシリーズ」(以下、「本製品」)を商品化しました。2020年12月より量産を開始します。

※1 当社調べ、2020年12月1日時点。

近年、自動車の電装化が進み、特に高温となるエンジン周辺にもECU(※2)が配置されるようになりました。従来はエンジン周辺の高温に対応できるノイズ対策部品がないため、比較的温度が低い箇所に対策回路を設置していましたが、ノイズ源から離れた箇所に位置するため、効率の良いノイズ対策が困難でした。

本製品は、高温でも磁気特性を失わないフェライト材料や長期間の使用でも高温劣化を抑制する当社独自の電極構成部材の採用により、世界で初めて175°Cの高温環境で使用可能なチップフェライトビーズを実現しました。この特性により、エンジンECUやトランスミッション制御ユニット(※3)、ターボモーター(※4)などの電源ノイズ対策部品として、長期間にわたって使用可能です。

※2 Electronic Control Unit:自動車の電子制御装置。

※3 トランスミッション(変速機)の制御を行うコントロールユニット。

※4 排気の流れを利用してエンジンに空気を送り込む機構。

当社は、今後も市場ニーズに対応した製品の開発に取り組み、自動車の高性能化・高機能化に貢献していきます。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!