開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/03/05

キリンホールディングス、新卒採用でエントリー動画選考でのAI活用の実証実験を実施

キリンホールディングス

photo

キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典)は、HR Tech スタートアップの株式会社ZENKIGEN(ゼンキゲン)(社長 野澤比日樹、以下ZENKIGEN)と共同で、2022年卒の新卒採用において「エントリー動画選考でのAI活用の実証実験」を実施します。

※1 あくまで実証実験であり、2022年卒新卒採用での選考過程において解析結果を合否判定に利用するものではありません

直近の採用市場は、コロナ禍によりオンライン選考が主流になるなど大きく変化しており、これまでのように評価者の技量や経験則による人材の見極めが困難になりつつあります。また、今後もオンライン選考が主流となる中、就職活動の幅の広がりによる応募者数の増加が見込まれ、企業にとってはこれまで以上に人材の見極めにおいて時間と人手を要することが予想されることから、デジタルテクノロジーを活用した業務プロセスの見直しの必要性が高まっています。

今回の取り組みでは、ZENKIGENが提供する採用DX(※2)サービス「harutaka」の動画解析AI「harutaka エントリーファインダー」を活用して、当社の2022年卒の新卒採用に応募いただいた方(※3)のエントリー動画を解析します。エントリー動画での応募者の顔の表情や声などをAIによって定量化し、指標の一つとすることで、評価のブレを減らすことによる評価精度の向上を検証します。

※2 デジタルトランスフォーメーションの略

※3 本実証実験においては事前許諾を得た方を対象に実施する

今回検証するAI活用の取り組みによって従来と比べてエントリーシートおよびエントリー動画選考にかける時間を約3割削減し、創出された時間で応募者一人ひとりに対する選考時間を増やす他、交流会やセミナー・面談など、双方向のコミュニケーション機会の新たな創出を目指すとともに、選考機会の拡大にもつなげていきます。

キリングループは、2019年に長期経営構想である「キリングループ・ビジョン2027」を策定し、その中の「イノベーションを実現する組織能力」の1つとして「価値創造を加速するICT」を掲げています。

採用活動においても、本実証実験をはじめとするDXの取り組み推進を通じて応募者と企業のコミュニケーションを一層充実させ、相互の理解度と満足度を高めることでより良い就職活動の場を提供していきます。

■ZENKIGENと共同で実施する、新卒採用における「エントリー動画選考でのAI活用の実証実験」について

<概要>

・ZENKIGENが提供する採用DXサービス「harutaka」の動画解析AI

 「harutaka エントリーファインダー」を活用し、応募者から提供されたエントリー動画を解析

<検証内容・目的>

・エントリー動画での応募者の顔の表情や声などをAIによって定量化することによる評価精度向上の検証と、応募者理解をさらに深める時間や機会の創出を目指す

<検証対象>

・当社の2022年卒新卒採用の応募者のうち事前許諾を得た方

キリングループは今回の採用活動などの人事領域をはじめ、今後もさまざまな分野でDXやICTの取り組みを加速させることで新たな価値やイノベーションの創出を目指します。

プレスリリース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!