開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/03/05

高浜原発3、4号機を再稼働へ=伝熱管損傷で遅れ―関電

時事通信社



関西電力は5日、定期検査中の高浜原発3号機(福井県高浜町)を再稼働すると発表した。7日に原子炉を起動し、4月5日に本格運転に移行する予定。高浜原発4号機(同)で昨年11月に蒸気発生器内の伝熱管の損傷が見つかったため、3、4号機とも再稼働が予定より遅れていた。4号機は4月上旬に原子炉を起動し、5月7日に本格運転へ移行させる計画だ。

関電は伝熱管の傷に関し、調査結果と再発防止策を国の原子力規制委員会に報告し、3日に了承を得ていた。関電は報告で、運転時に生じる「鉄酸化物」が伝熱管を傷つけたと説明。鉄酸化物をもろくさせる薬品による洗浄などの対策を講じる。

【時事通信社】

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!