開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/04/14

米成長の波及効果、金利上昇の影響相殺=IMFエコノミスト

ロイター

[ワシントン 13日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のギタ・ゴピナート主任エコノミストは13日、米国の成長ペース加速の見通しが新興国市場の借入コストを押し上げているものの、ポジティブな波及効果により大半は相殺されているという見方を示した。

見通しの改善で多くの国で輸出需要が高まっているほか、新興市場の通貨価値を押し下げていると述べた。また、米連邦準備理事会(FRB)が緩和的な政策を維持しているのは前向きだと指摘した。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!