開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/04/15

JPモルガン、第1四半期利益が5倍増 引当金の戻入れで

ロイター

photo

[14日 ロイター] - 米金融大手JPモルガン・チェースが14日に発表した第1・四半期決算(3月31日まで)は、新型コロナウイルス禍に伴い計上していた貸倒引当金を戻し入れたことで、利益が5倍に拡大した。

純利益は143億ドル(1株当たり4.50ドル)。前年同期は29億ドル(同0.78ドル)。アナリストによると、引当金の戻し入れを除いた1株利益は3.31ドル。リフィニティブのアナリスト予想平均は1株利益が3.10ドルだった。

貸倒引当金は50億ドル超縮小し260億ドル。ダイモン最高経営責任者(CEO)は「あらゆる事柄を考慮し、適切かつ慎重な水準だ」と述べた。

収入は14%増の331億ドル。

各事業における個人支出は2019年第1・四半期と比べて14%増加し、コロナ前の水準を回復する一方、貸出残高は減少し、預金貸出比率(LDR)は44%と、大手行に望ましいとされる水準の半分程度にとどまっている。

ダイモン氏は、貸出需要が一時的に停滞していても、個人や企業は消費や投資の再開に向け準備が整っていると指摘。消費者の当座預金残高はコロナ前に比べて2兆ドル増加しており「消費者はお金を使い始めている。これは景気が悪い時のローン需要とは異なる」と語った。

部門別では、法人・投資銀行部門の収入が46%増加する一方、個人・地域銀行部門の収入は6%減少した。

通年の見通しについては、金利が歴史的な低水準にとどまっていることや、収益関連費用が増加していることから、金利収入予想をやや下方修正するとともに、費用予想を上方修正した。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!