開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/06/23

トヨタグループと三菱ふそうトラック・バス、AMPの活用に向けた共同研究を開始

トヨタグループ、三菱ふそうトラック・バス

photo

 トヨタ自動車株式会社(以下「トヨタ」)の子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、CEO:ジェームス・カフナー、以下「ウーブン・プラネット」)のグループ会社であるウーブン・アルファ株式会社(以下「ウーブン・アルファ」)と三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下「MFTBC」)は、ウーブン・アルファが開発する自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform、以下「AMP」)を用いた共同研究を開始します。今回は、ウーブン・アルファにとって、トヨタグループの枠を超えた商用車メーカーとの共同研究となります。両社は、高度な先進運転支援技術を用いた新たな安全機能の研究と、新機能を搭載した商用車による実証実験を行い、さらなる安全の向上をめざします。

 本共同研究において、両社は既に10 以上の実証項目を検討しています。今回はその第1弾として、AMPの高精度地図をMFTBCが開発するカーブ進入時速度超過警報装置(Entering Curve Speed Warning、以下「ECSW」)に実装し、同装置を搭載したMFTBCの大型トラック「スーパーグレート」を走行させる実証実験を行います。これにより、大型トラックの安全運転支援における高精度地図の効果や課題を検証します。当社は、本共同研究を通じてAMPの大型商用車への展開、また、トヨタグループの枠を超えた先進運転支援技術や自動運転に関する協業を推進していきます。

プレスリリース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!