開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/06/25

東芝大株主の3D、永山氏否決の総会決議を評価「極めて画期的」

ロイター

photo

[東京 25日 ロイター] - 東芝の第2位株主である3Dインベストメント・パートナーズは25日、永山治取締役会議長らの取締役選任議案を否決した同日の定時株主総会について「極めて画期的なものであったと高く評価する」とのコメントを発表した。

3Dは永山氏のほか、監査委員会委員の小林伸行氏の辞任を求めていた。

3Dは「新たな取締役会を心から歓迎する」とした上で、建設的な対話を通じて最大限支援すると表明した。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!