開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/08/06

FRBのCBDCで決済機能改善との見方に懐疑的=ウォラー理事

ロイター

photo

[5日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事は5日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)によって対応可能な金融上の問題の多くはすでに他の政策によって対応されており、CBDC導入で米国の決済システムが改善するとの見方には懐疑的だと述べた。

アメリカン・エンタープライズ研究所(AEI)主催のオンラインイベントで、決済の迅速化や銀行取引業務のコスト削減に関しては、民間部門のイノベーションや他の政策のほうが良い結果をもたらす可能性があると指摘。「FRBのCBDCによって、米国の決済システムが直面している主要な問題が解決されるかについては依然として懐疑的だ」と語った。

また、対処すべき明確な「市場の失敗」がない限り、政府は経済に介入すべきではないとの考えを表明。CBDCによって民間銀行が中抜され、うまく機能している金融システムの崩壊につながる可能性があるとした。

さらに、FRBのCBDCはサイバーセキュリティー上の脅威の標的になる可能性があるとしたほか、FRBは議会の承認なしに国民が利用できるCBDC口座を作ることはできないだろうとした。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!