開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/12/08

UAゼンセン、ベア2%要求=22年春闘、コロナ禍前と同じ

時事通信社



繊維、流通、外食などの労働組合で構成する連合傘下最大の産業別労働組合、UAゼンセン(組合員約182万人)は8日、2022年春闘の要求案を公表した。基本給を底上げするベースアップ(ベア)の統一要求は「2%基準」とし、コロナ禍前の20年春闘まで掲げていた方針に戻す。来月20日の中央委員会で正式決定する。

松浦昭彦会長は記者会見し、コロナ禍の影響には「一定の落ち着きがある」と語り、賃上げを強く求めていく姿勢を示した。前回の21年春闘では、コロナ禍の影響が深刻化した外食産業などに配慮し、「2%までの幅を目標」としていた。

【時事通信社】

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!