開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/18

NTTコム、運用一体型の月額定額制エッジコンピューティングサービスを提供開始

NTTコム

photo

 NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、データ利活用プラットフォーム「Smart Data Platform」(※1)(以下SDPF)において、運用一体型の月額定額制エッジコンピューティングサービス「SDPF Edge」(以下 本サービス)の提供を2022年1月18日より開始します。

 エッジコンピューティングとは、端末から近い位置にサーバーを配置しデータを処理することで、リアルタイム性の確保や通信量の削減などを実現する分散処理型のコンピューティングモデルです。

 NTT Comは、製造業などを中心に本サービスを提供することで、膨大なデータを処理し即時の判断が求められる製品の品質管理などをこれまで以上に高速かつ経済的に実現します。

1.背景

 5GやIoTの普及に伴い、データの収集が容易となったことから、収集したデータをどのように処理するかがこれまで以上に重要となっています。そこで注目されている技術が、エッジコンピューティングです。

 NTT Comは、これまで「SDPF」を軸にデータ利活用によるDXを推進してきましたが、本サービスの提供により、即時の判断や膨大なデータ処理を伴う案件への対応を可能とすることで、この取り組みを加速させます。

2.本サービスの特長

 本サービスの主な特長は以下の通りです。

(1)即時の制御や判断が可能

 本サービスは、ネットワークを介することに伴う遅延が無くなるため、データをよりリアルタイムに処理することができます。その結果、今までは難しかった即時の制御や判断などが実現可能です。

(2)膨大なデータ処理を伴うデータ利活用の通信量を削減することが可能

 端末で生成したデータを無制限にクラウドに転送した場合、通信量が増大します。エッジ上でデータを整形・変換して集約することや、異常時のアラームのみデータ転送することで通信コストの抑制が可能です。

(3)運用一体型での提供により維持管理における高度なノウハウや人材が不要

 エッジコンピューティングは、サーバーを分散配置するため、システムの維持管理負担の増大が懸念されます。本サービスでは、不具合時の現地駆け付けによるサーバー交換や、オンプレミスサーバーを運用する際に煩雑となるセキュリティ対策や遠隔による復旧作業などの運用業務をNTT Comが対応するため、運用ノウハウや人材に不安を持つお客さまも安心して導入可能です。

(4)月額定額制の採用により計画的な投資が可能

 本サービスは、月額定額制を採用しています。予めサーバーを一括購入する必要がないため、初期投資を抑えることができ、お客さまのビジネス展開に応じて計画的な投資が可能です。

(5)「SDPF」で提供される他サービスとの連携により最適なデータ利活用を実現可能

 本サービスは、「SDPF」の他サービスとの連携が可能です。例えば本サービスと「SDPFクラウド/サーバー」を併用することで、リアルタイム性が求められるデータ処理とそれ以外のデータ処理を適材適所で実施することができます。要件に応じてエッジ、ネットワーク、クラウド、アプリケーションを含めたトータルなコンサルティングが可能であり、NTT Comならではのデータ利活用を容易に実現できます。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!