開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/20

大日本印刷、「DNP低反射・低遮音フィルムパーティション」を発売

大日本印刷

photo

 大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、安心・快適にコミュニケーションできる感染予防対策ツール「DNP低反射・低遮音フィルムパーティション」を開発し、1月20日に販売を開始しました。この製品は、DNP独自の低反射技術で対面する相手の表情が良く見えるようにしたほか、一般的なパーティションに用いられるアクリル板より薄い素材を使用することにより、お互いの声を聞きやすく、コミュニケーションを快適にするパーティションです。

【相手の声を聞きやすい透明パーティション開発の背景と特長】

○新型コロナウイルスの感染予防対策として、オフィスや飲食店、スーパーのレジ等のさまざまな場所にアクリルのパーティションやビニールのカーテン等が設置されています。これらの感染予防ツールは、人と人の間を仕切ることで飛沫感染を予防しますが、「相手の顔が見えにくい」「相手の声が聞き取りにくい」といった課題がありました。

○こうした課題に対してDNPは、ディスプレイ用途で高い世界シェアを獲得している「低反射フィルム」を活用して、相手の表情が見やすく、声も聞きやすいパーティションを開発しました。

○一般的なパーティションは厚さ2~5mm(ミリメートル)のアクリル板が使用されていますが、本製品は0.3mm以下の薄い素材を使用することで音を伝わりやすくしています。さらに、「低反射フィルム」を使用することで視界がクリアになり「相手の表情がよく見える」ことで、「対面する相手の声が聞きやすくなる」という効果が社内評価(*1)により確認されました。この効果により、会話時のストレスを解消します。

*1社員30名を対象にコミュニケーションのしやすさについてモニター調査した結果、一般的なアクリルパーティションと比べ、「何もないように自然に会話ができる」「相手の声が聞こえやすい」「照明等の映り込みがほとんどなく、会話に集中できる」という反応がありました。音の伝わりやすさには"質量則"という物理現象があり、重い(=厚い)ほど音が伝わりづらく、軽い(=薄い)ほど音が伝わりやすいという傾向があります。

○すでにDNP社内の応接室やロビー等の一部に導入しており、社外の方からも「視界が良好」「会話がしやすい」「何もないかのよう」といった評価をいただいています。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!