開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/25

米FRB、バランスシート縮小に資産売却の公算=クレディ・スイス

ロイター

photo

[ニューヨーク 24日 ロイター] - クレディ・スイスは、米連邦準備理事会(FRB)が根強いインフレへの対応の一環として、バランスシート縮小に向け資産売却に動く可能性があるとの見方を示した。

FRBは新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)への対応で国債などの買い入れを実施し、バランスシートは約9兆ドル規模に拡大。これによりインフレが高進し、レバレッジが過剰になるなどの影響が出ている。

クレディ・スイスのアナリスト、ゾルタン・ポズサー氏は 先週に公表したリポートで、これまでの「量的引き締め(QT)」は緩慢に行われたが、今回はより積極的なペースで実施される可能性があると指摘。「前回のQTはペンキが乾くのを見るような緩慢で安定的なペースで実施された。今回は言ってみれば、パンデミックの最初の2年間に描かれたフレスコ画は時代遅れのものになったため、絵の具を壁からこそげ落とすような作業になる」との見方を示した。

FRBが前回2018年にQTに着手した際は、償還で得た資金の再投資を行わないことで、バランスシートを縮小。ポズサー氏は、今回は物価動向や利回り曲線の逆転などの状況次第で「全面的な資産売却」が実施される可能性もあるとしている。

FRBは25─26日に連邦公開市場委員会(FOMC)を開催。資産縮小開始の時期を巡る手がかりが示されるか注目されている。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!