開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/05/28

中国不動産開発の緑地控股、ドル債支払い1年延期を提案

ロイター

photo

[上海 27日 ロイター] - 中国国有不動産開発会社の緑地控股集団(グリーンランド・ホールディングス)は27日、6月に満期を迎える4億8800万ドルのドル建て債の返済を1年延期する計画だと表明した。国有企業のドル建て債支払い延期は、中国不動産開発業界が債務危機に陥った昨年以降で初めてとなる。

上海市に本拠を置く緑地控股は27日に提出した文書で、新型コロナウイルス感染防止のためのロックダウン(都市封鎖)が上海で実施されたことの影響を理由に、6月満期債の保有者に返済延期を求める方針を示した。

同社は投資家との電話会議で、元本の10%と利息全額を満期日の6月25日に支払い、残りは1年後に支払うと述べた。今回の延期は3月以降のロックダウンにより資金繰りに不都合が生じたためで、それ以外に年内に満期を迎える3本の債券は期限通りに支払いを完全履行できると説明した。

財務部門の幹部は電話会議で、4月の販売は前年同月を57%下回り、5月も大幅な減少になるとの見通しを示し、今後3年でオフィスビルやホテルなどの資産500億─700億元(75億─104億ドル)を売却し流動性を改善させる計画だと述べた。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!