Security Management Conference 2022 冬 協賛各社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/03/06 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
フリマアプリの「メルカリ」は、2013年のサービス提供開始から継続的に利用者を増やし、月間利用者数は2000万人以上を突破。同アプリを運営するメルカリは、膨大な利用者情報を守り、利用者が安心・安全にサービスを利用できるよう、どのようなセキュリティ強化の取り組みを行っているのだろうか。同社のCISO(Chief Information Security Officer:最高情報セキュリティ責任者)、執行役員を務める市原 尚久 氏に、同社が推進する先進的な施策の数々について話を聞いた。

月間利用者数2000万人以上、飛躍的ビジネス成長を遂げてきたメルカリ

 メルカリは、2013年7月にフリマアプリ「メルカリ」を提供開始し、右肩上がりの成長を遂げてきた。2022年8月に発表した年間流通総額は8,472億円、月間利用者数は2000万人以上にものぼる。そして、2019年2月にスマホ決済サービス「メルペイ」をスタートさせ、利用者数は1458万人に到達した。

 米国では、フリマアプリ「Mercari」を運営する。同アプリのさらなる強化を最優先としながら、将来的には他国での展開も進める予定だ。また、BtoCのマーケットプレイス「メルカリShops」、クレジットカードサービス「メルカード」も提供、2023年には暗号資産サービスの提供開始を予定している。

 メルカリグループ全体として、さまざまなサービスを展開し、飛躍的なビジネス成長を遂げてきた同社。利用者が安心・安全にサービスを活用できる環境を提供し続けるために、どのようなセキュリティ&プライバシーの取り組みを行っているのだろうか。

 以降では、同社のセキュリティ&プライバシーの「人」「プロセス」「技術」の取り組みと、それらを支えるカルチャーについて紹介する。

この記事の続き >>
・メルカリを支える3つのカルチャー
・エバンジェリストを各チームに配置、「人」の取り組み
・早期段階で障害を明確化、「プロセス」の取り組み
・効果的なCI/CDパイプラインをゼロから設計、「技術」の取り組み

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます