開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2007/10/26

ネットワーク機器 基本中の基本(4)「ハブに見るLAN内基本メカニズム(下)」

NETWORK Guide Vol.7より

ネットワーク利用の広がりや高度化にともない、活用される装置・機器も統合化が進んでいる。とはいえ、それらはもともと基本的な機能を組み合わせたにすぎない。本特集では、ネットワークにおけるデータの構造と流れに着目しながら、これらの機器の基本的な仕組みや機能を解説する。

インテリジェント・リサーチ 代表取締役 小泉修

インテリジェント・リサーチ 代表取締役 小泉修

インテリジェント・リサーチ 代表取締役
システムエンジニア、ソフト開発会社役員を経て、1990 年にインテリジェント・リサーチを設立。代表取締役に就任し現在に至る。システム開発、インターネット関連ビジネスのほか、Webコンテンツ、雑誌、書籍の執筆を通じた啓蒙活動にも力を入れており、多数の著書がある。1959年東京生まれ。

ハブと媒体アクセス制御方式

 信号を無条件に中継するハブは、それ以外の機能がないかのように見えるが、実際は、フレームのやり取りを円滑に行うために不可欠な働きを担っている。

 LANでは、複数のPCからの電気信号が混信しないよう、フレーム単位に分割して送信すると述べた。こうした仕組みでも、信号が混信することはある。それは複数のPCが、同時にフレームを送信した場合である。この場合、電気信号は同時にハブに到達する。

 ちなみに、信号の衝突を「コリジョン」という。ハブがコリジョンを検知すると、全ポートに対してビジー信号を発信する。フレームを送信した複数台のPCはこれを検知し、あるランダムな時間間隔を待ち時間として、その間フレームの送信を控えるというルールがある(図4)。

ネットワーク機器の基本
図4 ハブと媒体アクセス制御方式


 つまり、道路交通法における「赤=止まれ」に近いルールがLANにもあるのだ。なお、ネットワーク共有のためのこうした制御を「媒体アクセス制御方式」という。また、有線LANにおけるアクセス制御方式を、「CSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection)」と呼ぶ。ハブはPCとPCの中心点、つまり交差点で車の衝突を防ぐ信号機といえる。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ルータ・スイッチ ジャンルのトピックス

ルータ・スイッチ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!