開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2008/08/25

【アプリケーションNW市場調査】レイヤ4-7スイッチ、WANアプリケーション配信市場はともに拡大傾向

IDC Japanは、レイヤ4-7スイッチやWANアプリケーション配信製品などを含む国内アプリケーションネットワーキング市場の調査結果を発表した。

 IDC Japanは、レイヤ4-7スイッチやWANアプリケーション配信製品などを含む国内アプリケーションネットワーキング市場の調査結果を発表した。発表によると、2007年の国内レイヤ4-7スイッチ市場規模は、前年比9.6%増の236億円だった。

 市場が拡大した背景として同社は、インターネット上のWebベースのサービス拡大によるレイヤ4-7スイッチの新設、増設が続いていることや、既存利用者におけるリプレイス需要が堅調な点を挙げている。この流れを捉えたのが、F5ネットワークスで、同社は売上を大きく伸ばし、シェアは45%に達した。

 国内WANアプリケーション配信市場は、大企業の導入が進み、前年比52.4%増の88億円になった。成長要員として、ユーザー企業がWANアプリケーション配信製品の認知度が上がり、その効果等に対する理解度も高まったことが挙げられる。ベンダー別では、リバーベッドが最も大きな成長を遂げた。高速化にフォーカスし、わかりやすい効果を訴求した点や、アプリケーションレベルで利用環境改善を行い、対応アプリケーションが豊富な点が評価された。同市場は、今後も拡大し、2008年は前年比25.7%増の110億円になると見ている。2012年までの年平均成長率は、10.6%としている。同社は、ベンダーに対して、サーバ統合/ストレージ統合にフォーカスしたシステムインテグレーターへの利用を促進すべきとしている。
【市場調査】WANアプリケーション配信市場 エンドユーザー売上額の予測、2006年~2012年
WANアプリケーション配信市場 エンドユーザー売上額の予測、2006年~2012年

IT市場調査 ジャンルのトピックス

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!