開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2010/07/22

日本HP、同社初となるビジネス向け液晶一体型PCを発売 | 21.5インチワイドのフルHD液晶搭載

日本HPは22日、同社初となる法人向けのオールインワンPC(液晶一体型PC)「HP Compaq 6000 Pro All-in-One Desktop PC」を発表した。

photo
「HP Compaq 6000 Pro All-in-One Desktop PC」
 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、ビジネス向け液晶一体型PC「HP Compaq 6000 Pro All-in-One Desktop PC」を発表した。予算や目的に応じたカスタマイズが可能なCTO(注文仕様生産)に対応する。ビジネス向けに液晶一体型PCをラインアップするのは、同社としては初の試みで、スペースの限られているオフィス、店舗窓口、受付やショールーム、学校や塾などの教育関連施設に最適としており、小型、省スペースの需要の高い日本市場においてさらなる拡販を図るとしている。

 液晶パネルのサイズは21.5インチワイドで、最大解像度は1920×1080ドットのフルHD、映り込みの少ないノングレアタイプを採用する。360度回転するスイベル機能と可動範囲の広いチルト機能を備えた専用スタンドを搭載し、対面する相手に画面を見せることも可能だ。背面にはロック機能付きポートカバーが用意され、セキュリティに加えて美観も高められており、窓口業務などではとくに有効だろう。

 そのほかの主要パーツ、CPUやHDD、メモリ、搭載OSなどはさまざまなカスタマイズが可能だ。また、オプションでWebカメラとモノラルマイクセット(税込:2,100円)を購入すると、デスクトップビデオ会議ソリューション「HP SkyRoom ソフトウェア」と、顔認証ソフトウェア「Face Recognition for HP Protect Tools」がプリインストールされる。

 同社のオンラインストアなどで本日7月22日より販売開始し、最小構成価格は7万9,800円(税込み)。なお本製品の発売を記念し、Microsoft Office 2007を搭載したキャンペーンモデルを、1,000台限定8万9,250円(税込み)で販売するという。

お勧め記事

PC・ノートPC ジャンルのトピックス

PC・ノートPC ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!